【月曜日が憂鬱】ブルーマンデーをやわらげるための対処法




「笑点が放送される時間になると憂鬱な気分になる」そんな人も多いんじゃないでしょうか?

「ああ、もう休みが終わってしまうのか…」

「なんだか明日の事を考えただけで疲れてきた…」

「また月曜日が来るのか…嫌だなぁ」

このように休日明けの月曜日の事を考えて、気分が沈んでしまうことってありますよね。

いわゆるブルーマンデーという奴ですが、こうした気分的な影響の他にも休日の睡眠方法にも原因があることをご存知ですか?

ブルーマンデーというと、仕事がイヤだという気持ちが引き起こすものと考えがちです。

確かに楽しい休日と辛い仕事のギャップを感じる月曜日は絶望感を感じずにはいられませんが、日曜日に遅寝遅起きによる睡眠のリズムの狂いがブルーマンデーになる一因となることもあるのです。

土日(休日)の睡眠時間を多めにとるなら一時間から二時間程度にする

休日は普段より夜更かして趣味を楽しんだり、友人や家族と外出して遅くなることもありますよね。

日曜日に平日よりも遅寝遅起きだと、睡眠のサイクルが狂ってしまい月曜日に普段どおり起床すると身体は早起きだと感じ、身体がだるく感じたり憂鬱な気分になってしまうのです。

なので、睡眠サイクルを大きく狂わせないために就寝時間はいつもどおりにすることがおすすめです。休日多めに就寝するときも一時間から二時間程度にしましょう。

8時間睡眠をとることにこだわらなくてもよい

必要な睡眠時間は人それぞれです。

8時間睡眠を取ることは一応の目安となりますが、睡眠時間が長い方がいい人、短い方がいい人もいますから、あまりこだわり過ぎないようにしましょう。

年齢を重ねるごとに睡眠時間が短くてもよくなりますから、8時間寝ていないから寝不足だと心配しなくても大丈夫です。睡眠時間は、その人が日中眠くならない程度で十分なのです。

まとめ

休日明けに「明日からまた仕事か…」と憂鬱に思うのは自然なことです。

ブルーマンデーを回避することは出来ませんが、少しでも憂鬱な気持ちをやわらげることなら出来ると思うのです。

週末は思うに任せてのんびり過ごしたいものですが、試してみてはどうでしょう?

「出来るだけ平日と同じ就寝時間とリズムで過ごす」

「休日多めに就寝するときも一時間から二時間程度にする」

「就寝時間の8時間神話にこだわらない」




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?