サイトテーマの変更をしました。

まずは行動してみる(ネガティブ思考で行動しないをやめてみる)

自分の心の中に相反する思考が争い、まったく行動に移せず一日が終わったなんてことがあります。

頭の中で目まぐるしく「やってみたい」→「危険だからやめておこう」と延々と矛盾する思考をしているうちに、いつのまにか日が暮れてしまったりする。

「なにやってるんだろう」と自己嫌悪して、ますます憂鬱になる。

 

旅行に行きたいんだけれど、お金がないから行けない

おいしいご飯を食べたいけれど、ダイエット中で食べられない

試してみたいことがあるんだけれど、暇がなくてできない

 

このように、こうしたいけれど、ダメだという思考が入って諦めてしまう思考の癖があると、なかなか行動に移せません。

こういうことって、よくよく考えてみると大したことなかったってなることが多いんですよね。

今日は、行動に移す前に感じるネガティブな感情に囚われて、なかなか行動に移せないということについて考えてみたいと思います。

 

後になって後悔するより

後になって「なんで諦めたんだろう」と後悔して優柔不断な自分を責めたりする。

フジモフも、後回しにして「やっときゃよかった」なんて後悔することがあります。

それでは後の祭りだから「行動してみて失敗したときは改善すればいい」と、思いきってやってみるようにしています。

もちろん行動すれば失敗経験も増えていきますが、そこから得る教訓もあるんだよね。

やらないで後悔するより、やってみて失敗したほうが次につながるんだ。

開き直って無茶をやるってことではなくて、自分が主体的にやりたいと思ったことをやってみるということ。

やってみないことには結果は分からないし、あれこれ不安になって「やっぱり、や~めた」ってなったら、せっかくやる気になったのに勿体ないよ。

 

ネガティブな思考が浮かんだら

行動に移そうとしたら、「どうせダメだろう」とか「自分に出来るわけがない」とかネガティブな感情が湧いてくるかもしれません。

始めてやることなら、尚更不安になってネガティブな感情が湧いてくるでしょう。

失敗したことを再挑戦する場合も、過去の失敗を思い出してしまうかもしれません。

けれど、始めてやることや、失敗からの再挑戦で不安になるのは自然な感情なんだよね。

そんなときは、不安な気持ちを受け止めてあげるといい。

「ああ…私は始めてやることに不安なんだな」

「私は、過去の失敗を気にして不安になっているんだな」

こんなふうに、客観的に自分を見るように感情を感じてみる。

不安を感じるのは自然なことだから、無理に不安を抑えようとせずに不安な感情のまま行動してみましょう。

 

やりたいことを後回しにしてしまう

「旅行に行きたいけど、貯金が減るからどうしよう」とか「ダイエット中なのに体重増えたらどうしよう」とか心配して気がのらなくなることはよくあることです。

旅行は、貯金が減るのが怖いからボーナス出てから行こうかな

ボーナス出たけど、忙しいし今度にしようかな

いつでも行けるし、慌てなくても時間があるときでいいか

そんなこと言っていたら、いつまでたっても行けない(笑)

今こうしたいという気持ちがあるのなら、どうしたら出来るのか、何時するのかを紙に書いたりして計画してみよう。

 

おわりに

怖いと感じることに飛び込んでみれば、どんな形であれ結果が見えてくる。

失敗したらどうしようと過剰に反応して不安になっても、前には進まないんだよね。

上手くいかなくても大丈夫。

次に行動するときの教訓が得られたと思えばいいんだ。

 

 

 

行動する前に諦めてしまう癖がある人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

やる前から諦める癖の治し方(失敗を恐れない生き方)

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング