人の親切を素直に受け取ろう




人の親切をなかなか素直に受け取れないとうことがありますよね。

例えば、仕事で足を引っ張ていると思って申し訳ない気持ちになっているときに「仕事大変でしょ?手伝うよ」と言われたら、これ以上迷惑かけられないと思って「いいです」と断ってしまったりする。

あるいは、「自分がやったほうがいい」と思われているんじゃないかと親切にしてくれる人を疑ってしまうこともあるかもしれません。

他人の親切に甘えてしまうとダメになるような気がしたり、自分のために人に手を煩わしてしまって申し訳ないような罪悪感を感じたりすることもあるでしょう。

けれど、親切にした人から言えば、素直に受け取ってもらえた方が嬉しものですよね。

自分に価値がないと思うと人の親切を素直に受け取れない

僕達は、自分に価値がないと感じていると、人に親切にされても申し訳ない気持ちでいっぱいになるばかりで、喜ぶどころか罪悪感が湧いてきてしまうんです。

自分には親切にしてくれる価値がないと思って、申し訳ない気持ちになって「人に迷惑をかけてはいけない」と素直に他人の親切を受け取れなくなる。

世の中に価値のない人間なんていないのに、「この人は、どうして親切にしてくれるんだろう?」と疑問にさえ思うこともあるでしょう。

あるいは、「また、みんなの足を引っ張ってしまった」「迷惑をかけた」と他人に迷惑ばかりかける自分を惨めとさえ思うこともあるかもしれません。

誰だって自分のことを惨めだなんて思いたくないから、せっかく親切にしてくれる人がいるのを居心地悪く感じて「わざわざ」遠ざけようとしてしまこともあるでしょう。

これでは、せっかく自分に好意を示してくれた人も傷つけてしまうことになってしまいます。

誰だって親切心で声をかけたのに「いいです」と言われてしまったら、なんだか自分の気持ちを拒否されてしまったように感じて寂しい気持ちになるでしょう。

他人の好意は素直に受け取った方が喜んでくれることなのですから、自分も相手にも喜んでもらうために人の好意は積極的に受け取ることが大切なんですね。

自分の事を責めると人の親切が受け取れない

自分のことを責めている人も、人の親切を素直に受け取ることを難しく感じます。

例えば、人に頼まれたことをいい加減なやっつけ仕事で処理してしまい、「怒られるかな」と心配していたところ予想外に相手に感謝されたら「本当に感謝してるのかな?」と居心地悪く感じてしまいますよね?

このように、自分を責めたり自分に非があると思っている人は、「私なんかが、こんなことしてもらっていいのかな?」と人に親切にされると居心地が悪く感じるんですね。

けれど、相手は純粋な親切心であなたに接しているだけですから、居心地悪そうにされると「余計なことをしてしまったかな?」と心配してしまうんですね。

これって、勿体ないと思いませんか?

せっかくの人の親切を居心地悪く感じて素直に受け取れなかったかと思えば、相手もなんだか悪いことをしたように感じてしまうなんて勿体ないですよね?

本当は良いことの筈なのだから、「申し訳ない」ではなく「ありがとう」と受け取ってお礼を言ったほうがいい。

「申し訳ない」だとお互いが居心地悪く感じるかもしれませんが、「ありがとう」ならお互いが気持ちよくなれるのではないでしょうか?

人に甘えることが「悪」だと思っていると人の親切が受け取れない

大人になるにつれて他人に素直に甘えることを恥ずかしく思ったり、カッコ悪いと思ってしまうものですよね。

いい歳して「寂しい」とか「愛してほしい」という気持ちを言葉にして出すのはチョットできないという人のほうが多いのではないでしょうか?

あるいは、人に甘えることは「自分を堕落させる悪いことだ」と感じて、他人に甘えることを自ら禁止している人もいるでしょう。

自分の「甘え」の気持ちを他人に知られないように隠そうとするわけですね。

そりゃあ、甘えていることを「恥ずかしい」「カッコ悪い」と思っていれば、誰だって他人に知られたくないと思うでしょうから、そうなってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

甘えの気持ちを刺激するような親切な行為を素直に受け入れることに抵抗を感じてしまい、「甘えたい」という気持ちと「してはいけない」という相反する気持ちに葛藤して素直に受け取れなくなるんですね。

本当はうれしいけれど、「別にそんなことしなくてもいいのに」というような素直な気持ちになれなかったりする。

たしかに「自分にできること」をいつも他人にやらせるのは自分を堕落させるキッカケになるかもしれませんが、親切にしてくれていることまで「悪」として拒否をしなくてもいいのではないでしょうか?

誰かに頼られることを嬉しいと思う人もいるのだから、親切にされたときくらいは素直に受け取ってあげたらいいと思うんだ。

まとめ

人の親切を受けてはいけない人なんていないし、悪いことではないのだからありがたく頂戴すればいい。

あなたはそのままで価値のある人間だし、そんなに自分をことを責めなくてもいい。

不思議に思うかもしれないけれど、人の好意に甘えることも人のためになることもあるのです。

自分が人に親切にしたときのことを想像してみよう。

嫌そうな顔をして断られるのと、ありがとうと言われて喜んでくれるのとどちらが嬉しいでしょう?

人の好意を素直に受け取るのということは、相手を喜ばせることにもつながるんだよね。


人の親切を素直に受け取れないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

甘えたい気持ちを素直に感じよう

自分を好きになることが幸せへの最初の一歩

自分を好きになるために成功体験はいらない

 

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口

 

悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか?

お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。

こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?