自己肯定感を高めて人生の再スタートをきる




自分のことを否定的に考えて何をするにも自信がないとなると、心豊かに人生を送るのは難しいのかもしれません。

自分が何をするにも、やる前から否定的なことを考えて、諦めたり自信を持てなくなっていたら「人生これでいい」とはなかなか思えないでしょう。

今日は、自己肯定感を高めて人生の再スタートをきるというお話です。

 

自己肯定感とは、自分の良いところ、ダメなところを受け入れ認めて自己を肯定する感覚。

「自分には価値がある」「大丈夫、私はここにいていいんだ」そのように思える気持ちのことです。

自分のことを「いなくていい存在」「消してしまいたい」と思いながら生きていくことは地獄のように辛いことです。

ここを頑張って自分を否定しながら生きていくということは、自分の批判者を連れて歩いて暮らしていくことになるわけですから辛くないはずがないんですよね。

 

自己肯定感がない→自分を認める努力をするではない

自己肯定感が低い人は、自分を認めようと必死に頑張ろうとする人がいます。

ですが、自己肯定感が低いまま頑張っても心が満たされるのは難しいでしょう。

才能が、知識が、経験が、お金が、あげたらきりがないけど「ない」と思った状態で努力しても、もっと、もっと、努力しないといけない思ってしまう。

認められる様な自分になるために頑張って、必死に頑張って、気が付いたら燃え尽きたようにぐったりと疲れてしまう。

 

自己肯定感を高める

自分のことを肯定的に捉えて、良いところもダメなところも含めて自分にOKを出してあげる。

失敗したときも反省をすれば次につながるからOKなのです。

自己嫌悪をする必要なんてありません。

もっと頑張って「誇れる自分になったら」というような条件付けで自分にOKをだすのではなく、今のそのままの自分にOKを出してあげる。

日頃ダメだなと思っていることでも、否定的な考えは置いておいてOKを出してあげる。

どうやって自分にOKを出すのか考えてみよう。

仕事を頑張った自分に「よく頑張ったな」とOKを出してもいいし、失敗した自分に「次は改善して頑張ろう」とOKを出してもいい。

シンプルに自分にOKを出す方法をいろいろ工夫してみよう。

 

まとめ

自分がダメだと思うところは敵ではありません。

ダメだと思ったところも自分の一部なのだから、それを消そうとしたり、無くそうとしても、自分を否定することに繋がり辛くなるだけなのです。

完璧な人間よりも隙のある人の方が人間味があってかえって人に好かれるものです。ですが、自己肯定感が低いとその隙を突かれているように感じてしまいます。

まずは自分にOKを出して自己肯定感を高めることで、周囲の反応や体験の受け取り方が変わり人生が違って見えるようになるでしょう。

そこから人生再出発のスタートラインになるのです。

 

 

 

なかなか自信が持てないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自分を信じるためにできること

ネガティブ思考のやめかた

人の評価に左右されない考え方

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?