将来のことばかり考えて不安な気持ちになる人の対処法

人生何も考えなしに生きることは難しいかもしれませんが、先のことばかり考えて不安に押しつぶされそうになっては困ってしまいますよね。

「こうなったらどうしよう」「問題が起きる前に対処したい」「想定外のことが起きたらどうしよう」

いろいろ考えていくうちに不安がどんどん大きくなってしまい、これではいけないと思って考えないようにしようとするんだけれど、ふとした瞬間にまた同じことを考えている自分がいる。

将来のことを考えて今後どう動くか決める事は悪いことではないのだけれど、先のことばかり考えてしまい苦しくなってしまう人がいます。

今日は、将来のことばかり考えて不安な気持ちになる癖がある人の対処法を考えてみます。

不安な気持ちになることは悪いことではない

「悪いことが起きるのではないか」「うまくいかなかったら困るな」「自信がないし大変な思いをするかもしれないから嫌だな」とか先のことばかり考えてしまう癖があると、長い時間不安な気持ちにさらされて辛いですよね。

どうなるかわからない未来のことを心配し過ぎて不安になってしまうのは、それだけ今を不安な気持ちでいっぱいにして時間を過ごすことになるわけですから、勿体ない時間の過ごし方ともいえます。

好きでやっているわけではないけれど、心配性の性格からか、ふとした瞬間についつい考えてしまうという人もいるでしょう。

不安な気持ちになること自体は悪いことじゃないから、無理に不安を取り除こうとする必要はありません。

むしろ、不安を無くそうとすればするほど将来の不安に意識が向いてしまいますから、不安な気持ちをどんどん強化していってしまうんですね。

未来に何が起きるかなんて誰にもわかりませんから、将来に不安を感じるのは自然なことです。

けれども、将来の不安って現実に起きていることではないですよね?

「こうなるかもしれない」「ああなるかもしれない」と考えて不安な気持ちになっている状態なんだ。

だから、躍起になって不安な気持ちを解消する必要なんてないんです。

将来のことを考えて不安になったときは、「また、不安なこと考えているな」と認識して気持ちを切り替えればいいんだ。

不安なときに気持ちを切り替える方法

不安な気持ちのままでいるのは誰にとっても強いストレスを感じるものですよね。

ここでは、将来への不安で強いストレスを感じている人の気持ちの切り替え方法を解説します。

自分の気持ちに寄り添う

不安な気持ちが頭から離れないというときは、自分の気持ちに寄り添ってあげよう。

「将来こんなことになるかもしれないと不安なんだね」と、友達の不安な気持ちを聞いてあげるように自分に声をかけてあげる。

不安な気持ちのときって、一人で抱え込んでいるとネガティブなことばかり考えて苦しくなってしまいがちですが、誰かに聞いてもらうことで気持ちが楽になることがありますよね?

誰かに聞いてもらうのも勿論いいんだけれど、それが難しいときは自分の気持ちに寄り添ってあげよう。

自分を不安にしているのは「現実に起こっている」ことではなく「考え事」をして不安になっています。

自分の「考え事」で心が苦しくなっているのだから、それを続けてモヤモヤした気持ちで過ごすのは勿体ないことですよね。

気持ちを上手に切り替えていくことが充実した人生を送ることにつながると思って、自分に「心配ないよ」「大丈夫だよ」って寄り添ってあげよう。

好きなことをする

不安な気持ちを自分の意志で無理矢理無くすことって難しいんです。

むしろ、無くそうとすればするほど意識が不安に集中して気持ちが強化されてしまいますから、かえって上手くいかないんですね。

不安な気持ちを何とかしたいと思ったら、別のことに意識を集中させてみよう。

自分の好きなことなら、なおさら効果が期待できます。

好きなことなら夢中になって時間を過ごせるから、不安なことなんて気が付いたら忘れてるものなんだよね。

困ったことになってもそのとき考えたらいい

「こうなったらどうしよう」「問題が起きる前に対処したい」「想定外のことが起きたらどうしよう」

そんなふうに色々考えても不安がどんどん大きくなってしまうのは、先のことを考え過ぎて「今」出来ることがないからかもしれません。

今から出来ることがあるのなら実行すればいいけれど、出来ないことを延々と考えていたら不安にしかならないよね。

出来ることがないのなら考えても仕方がないことですし、やれるだけのことは全てやっている状態なわけです。

もしも、やれることをやって上手くいかないことがあったとしても、自分に出来るベストは尽くしたのだから仕方がないんだよね。

ベストを尽くして困ったことになったら、そのとき考えればいい。

過去でも未来でもなく今この瞬間に生きていることを意識する

僕達は、過去に生きているわけでもないし、未来に生きているわけでもありませんよね。

自分が生きていられるのは「今」だけなんです。

あなたは、これまでの人生で様々なことを経験してきた中で、辛い過去もあったでしょうし将来への不安もあるでしょう。

ですが、自分に出来ることは「今」どうするかだけなんですね。

人生は「今この瞬間」の連続で出来ていて、過去の積み重ねが今となり、今の積み重ねが未来を作ります。

そういう意味では過去も未来も全て繋がりがあるわけだから、将来のことだけ切り離して考えなくたっていいんですよ。

今の自分に出来ることに集中するだけで「未来」にもつながるのだから、今の自分に出来ることに集中するだけでいいんだよね。

将来のことを考えて不安が大きくなるのは、「今」への意識がおるすになっているから。

先のことを考えて将来に備えることは悪いことではないけれど、いま出来ることがないのなら「未来の考え事」をする意味はないかもしれません。

あなたは、これまでいろんなことを経験してきましたが、その都度なんとか乗り越えてきましたよね。

良いこともあったけれど、苦しいことや、悲しいことや、どん底の気分になることだってあった筈です。

それでも、頑張ってこれまで乗り越えてきたんじゃないですか。

どうか、自分のことをみくびらないでください。

自分には出来ないって、下ばかり見ないでください。

どんな苦しいことでも乗り越えてきたあなたなんだら、君ならきっとできるよ。

ゆっくり焦らず、自分のペースでやってみよう。

おわりに

将来のことが不安になるのは、なんら特別なものではなく自然な感情だと思うのです。

不安であると心が苦しくなったりしますからどうしても取り除こうとしがちですが、将来のことを考え過ぎるとかえって上手くいかないものです。

過去も未来も、今の自分にどうにかすることは出来ません。

自分が生きているのは「今」なのですから、今の自分に出来ることをすればいい。

未来に起きることは誰にも知ることは出来ません。

わからないことを考えても答えは出ないのですから、気持ちを切り替えて今出来ることに集中しよう。

将来のことばかり考えて不安な気持ちになる人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

「考えすぎる」をやめられない人の対処法

やる前から諦める癖の治し方(失敗を恐れない生き方)

幸せな人生にいらないもの