人生の方向音痴になったときに考えること




今日という日が明日も変わらず続くわけじゃない。

頭ではわかっているんだけれど、落ち込んで周りが見えなくなったときは、今の状態がずっと続いてしまうような錯覚を覚えます。

人生の道に迷ってしまい、自分がどの道へ行ったらいいのか、これからどうしたらいいのかわからなくなり、途方に暮れてしまうことがあります。

今日は、人生の道に迷ったときに、どのように解決していくかというお話。

 

人生のスタートラインはどのタイミングからでも引き直せる

フジモフは「ゲームのように自分の人生もリセットできたらいいのにな」と思っていた時期があります。

失敗からやり直したいという願望があるのに、疲れて何も手がつかなくなって悩んでしまっていたときのことです。

そのとき思ったことは、これで全てが終わりというわけではないということでした。

確かに時間をさかのぼって過去のやり直しをすることは出来ませんが、スタートラインはどのタイミングからでも自分で引くことが出来るんですよね。

人生の道に迷った時は、1度立ち止まって「今」の状況を客観的に見ることが大事だと思うのです。

それがわかったうえで、これから自分がどうしたいのか冷静になって考えてみる。

ネガティブな考えや一般常識で決めるのではなく、自分がどうありたいかで決めましょう。

 

自分を責めることをやめる

失敗すると「次は絶対に失敗できない」とか「信頼を取り戻すために頑張らなきゃ」と過剰にプレッシャーを自分にかけてしまうことがあります。

けれど、そういうときに限って緊張して上手くいかなかったりするんですよね。

もっと肩の力を抜いて、失敗しても大丈夫と自分を許してあげることが大事だと思うのです。

失敗をしない完璧な人なんていないのですから、自分に厳しくしすぎるのはやめましょう。

 

まとめ

人生の進むべき道を見失い、まるで人生の方向音痴のようになったら、1度立ち止まって「今」がどんな状況なのか客観的に見るようにしてみましょう。

親の目や世間の目を気にした決断ではなく、自分の気持ちを大切にして、これからどうするのかを考えてみましょう。

 

 

 

人生の道に迷ったときは、こちらの記事も参考になるかもしれません。

大丈夫だよ人生なんとかなるから

辛い気持ちが一生続くわけじゃない ~もうこんな人生嫌だと思ったら~

仕事のストレスで会社に行きたくない!という人の対処法




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?