すぐに人を嫌いになってしまう(人を嫌いになる癖がある人)

すぐに人を嫌いになってしまう人は、それだけ他人のことをジャッジしている人なのかもしれません。

人と接すると楽しいことばかりじゃないですから、イライラさせられることがあったり、嫌な気持ちになったりして、こんな目にあうなら、この人とは距離を取ろうと考える。

世の中にはいろんな人がいますから、自分とは価値観が違う人もいるでしょう。

そうした中で、自分とは考え方が違うと考えて、イライラしたり神経をとがらせていたら余計にストレスがたまってしまうと思うのです。

「こうあるべきだ」「こうじゃないといけない」と考えて、そこから外れたことをする人を許せないと考えるのは、多様な価値観がある世の中ではストレスになってしまうんだよね。

今日は、人の事がすぐに嫌いになってしまうという人の事について考えてみたいと思います。

僕達は、他人の気持ちを考えて行動しなさいと教えられてきましたよね。

自分の言動で嫌な気持ちになる人もいるのだから、みんなの気持ちを考えた配慮が必要なのだと。

だからこそ、配慮が欠けるような雑な態度を取る人のことを許せないと思うこともあるのかもしれません。

・実績もない人が、自信満々に自己主張してはいけない

・感情的になって行動してはいけない

・自分のことより、他人の気持ちを優先させないといけない。

どんなことが不快になるかは人それぞれに違ってくるものです。

実績もない人が自信満々に自己主張してはいけないというルールを持っている人からすれば、組織へ来たばかりの人にズケズケと物を言われてしまえば腹も立つでしょう。

逆に自己主張はどんどんすべきという人からすると、頼もしく感じる人もいるかもしれません。

これは、どっちが良いとか悪いとかという話ではなく、価値観の違いなんだよね。

その人がどんな人かが問題なんじゃなくて、自分の価値観に照らし合わせてどう感じたかという話なんだ。

他人のことを「こうあるべきだ」とかんがえてジャッジすると、ルールを守っていない人を見るとイライラしたり嫌いになったりします。

けれど「こうあるべきだ」というルールが、必ずしも正しいものとは限りません。

人それぞれの考え方があり、それぞれが違っていてもいいのです。

なにも、嫌いな人と無理に仲良くしようと言っているのではありません。

嫌いな人は嫌いでいいと思うのです。

だって嫌いなんだもん、仕方ないじゃないですか。

嫌いな人に会ったら「ああ…私は、こういうタイプの人が嫌いなんだな」と感じるだけでいい。

人が嫌いになるのって、そんなに珍しいことじゃないから。

むやみに嫌いになることを否定しないで、気の合う相手と付き合えばいいんだ。

すぐに人が嫌いになってしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

付き合う人を選んでいい

人と関わりたくない(内向的の人が無理に外交的になろうとしなくてもいい)

人をどう思うかは心のフィルターで決まる