些細なこと、なんでもないことで傷つく自分が嫌になったら




些細な事、なんでもないことに深く傷つくのはやめた方がいいと思うのです。

けれど、「それはわかっているけど、それが出来たら苦労はしないよ」と思う人は多いのではないでしょうか?

他人だったら何とも思わないようなことでも、深く傷つき落ち込んでしまったり。

後で冷静になって考えてみたら、たいしたことじゃなかったと思うような些細なことでも悩んでしまい、何日もその気持ちを引きずってしまう。

人の気持ちを探りたくて、あれこれ想像してしまい心が苦しくなる。

こんな風に思ってしまう自分が嫌だなと思い、そうではない周囲の人がキラキラ輝いているように見える。

些細なこと、なんでもないことにくよくよしないで生きられたらどんなにいいだろうと思う。

今日は、些細なこと、なんでもないことに傷ついてしまう癖がついている人について考えてみたいと思います。

些細なことで傷つく理由

些細なことや、なんでもないことに傷つきやすい理由は自己評価が低いことが原因として考えられます。

いつも心の中で「自分はダメな人間だ」「人に嫌われている」「将来に何の希望もない」と自分のことを傷つける思考の癖があるのです。

自己否定が癖づいている状態で物事を見ると、些細なことでも自分が悪いように感じたり、相手の拒否反応を極端に恐れるようになるのです。

例えば、ご近所の人に挨拶したら返事がなかったとします。

自己評価が低い人は、このようなときに「何か怒らせるようなことをしたかな?」と悩んでしまいます。

現実には、挨拶が聞こえなかっただけかもしれませんし、たまたま嫌なことがあって不機嫌だっただけかもしれません。

挨拶するかどうかは相手の問題の筈ですが、自分の事として反応してしまい悩んでしまう。

さっさと違うことをして気晴らしをすればいいのですが、モヤモヤとした気持ちをずっと引きずってしまい悩みを深めてしまうのです。

自分の事をもっと好きになる

世の中いろんな人がいて、いろんな考え方の人がいますから、それぞれに真摯に真面目に答えようとすると苦しくなってきます。

「普段の自分では努力が足りない」とか「今のままじゃダメだ、変わらないと」とか普段とは違う特別なことをしないと受け入れてもらえないと思うと、どうしても苦しくなってしまうでしょう。

そうではなくて、今の自分で十分に受け入れられている思えば気持ちも楽になると思うのです。

他人の評価を過剰に気にしていては、その言葉や行動に振り回されてしまうでしょう。

他人が自分の人生の責任を取ってくれるわけではないのですから、「人は人」「自分は自分」とどこか割り切って考えていくことが大事だと思うのです。

もっと自分の気持ちを大切にしていきましょう。

人に合わせて後回しにしたり、押し殺したりするのではなく、その気持ちを受け入れて、叶うことなら叶えてあげましょう。

まとめ

些細なことに傷つく人は、人の気持ちを考えることが出来る優しい人なのだと思うのです。

けれど、なんでも過ぎるとうまくいかないもので、人の都合に合わせ過ぎたり、人の評価を気にし過ぎると、どうしても苦しくなってしまう。

そうではなくて、自分の気持ちを大切にして、自分と寄り添う生きかたを模索してみましょう。

些細なことで傷ついてしまうと感じる人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

クヨクヨ悩んでしまう自分を直す方法

苦手なことを克服するより長所を伸ばすと自分らしく生きられる

間違えたっていいじゃない

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口





ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?