人目を気にしない生き方(皆が喜ぶ自分を演じなくてもいい)

「こんな事したら怒られるかな?」なんて、ついつい周囲の人からどう思われてしまうか気になることってありますよね。

本当はしたいことがあるけれど、「バカにされるんじゃないか?」と思いとどまり、何だかモヤモヤした気持ちになってスッキリしない。

人から自分がどう思われているのか気になってしまうのは人間の性ですが、人目を気にしすぎると、苦しい気持ちになったり、心が疲れてしまいます。

他人がどう思っているかなんて考えてもわからないんだから、もっと自分の気持ちに目を向けるこことも大切にして欲しいんだ。

人目が気になる人は自分軸ではなく他人軸で考えている

「友達の機嫌が悪かったけど、なにか悪いことしたのかな?」

「私のこと、ジロジロ見られてた気がするけど、私に何かおかしなところがあったかな?」

「上司に挨拶しても返事がなかったけど、怒らせるようなことしたかな?」

こんなことを考えて、他人の行動の原因を「自分のせいにして」していたら、それだけ自分を悪い人のように扱っているのだから、誰だって心が苦しくなりますよね。

人目を気にし過ぎる人って、他人の気持ちをアレコレ考え過ぎて疲れてしまうんですね。

これは、自分の本音よりも他人の言動を優先することばかりしてきた結果、自分の考えの軸が「他人からどう思われてしまうのか」になっているから、こうなるんですね。

他人の気分や言動は、あなたの行動や態度で自由にコントロールすることは出来ません。

他人の気持ちを考えてあげることは悪いことではないのですが、自分がどうしたいのかよりも、他人がどう思うかで行動を決めていては、他人がどうするかで気持ちが振りまわされてしまいます。

そんなに他人に合わせてばかりいないで、もっと自分の素顔を出していく方が楽に生きられると思うのです

自分の事は自分で決めてもいい

人目を気にして、他人が喜ぶ自分を演じても苦しくなるだけでしょう。

同じことをしても、ある人には評価されても、他の人には評価されないかもしれません。

世の中いろんな人がいて、いろんな価値観がありますから、みんなが喜ぶ自分を演じ続けることなんて誰にも出来ないんですね。

どんなに頑張っても出来ないことをやろうとすれば、行き詰って心が苦しくなるのは当然です。

他人の意見に振り回される生き方はやめて、自分のことは自分で自由に決めよう。

大丈夫。

人にあわせることを続けても、やめても、人に意見を言われるから。

他人の意見を、そんなに真に受けなくてもいいんだ。

他人のことより自分を優先しよう

人目が気になるという人は、他人を優先して自分の事を後回しにしてきた人かもしれません。

人に心遣いをすることは大事なことですが、自分を犠牲にしてまですることではないのです。

①自分の事

②他人の事

自分の人生のことなんだから、優先順位はこれでOKなんです。

あなたが、他人に親切にしてあげたいと思ってするならやってあげたらいい

けれど、「冷たい人と思われないかな?」と、人目を気にして恐怖心からやろうと思うならなら、やらなくていいんだ。

おわりに

世の中100人いれば、100通りの意見があります。

どれが正しいということではなく、それぞれの意見が違うということ。

100人いれば100通りの意見があるのに、他人の目を気にする人はその意見に合わせようとしてしまいます。

けれど、それはどんな人にも無理ゲーですよね。

だから苦しくなる。

人の言動や態度に一喜一憂するのではなく、自分のことは自分で決めていい。

意見の合わない人もいるかもしれませんが、そのときは自分の事を責めずに自分の味方になってあげよう。

人目が気になるという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

他人の機嫌より自分の機嫌を取ったらいい

人目を気にし過ぎると生きづらくなる

人は人自分は自分と考えると人に振り回されなくなる