人目を気にしない生き方(皆が喜ぶ自分を演じなくてもいい)




どうしても周囲の人にどう思われているのか気になってしまう。

それが原因で、悩みを抱えたり、何だかモヤモヤした気持ちになってスッキリしない。

人目が気になるのは誰にでもあることなんだけれど、気にしすぎるあまり、苦しくなったり、疲れてしまっては辛いですよね。

今日は、人目が気になって困っているという方のことについて、考えてみたいと思います。

 

人目が気になる人は自分軸ではなく他人軸

「友達の機嫌が悪かったけど、私がなにか悪いことしたのかな?」

「私のこと、ジロジロ見られた気がするけど、私に何かおかしなところがあったかな?」

「上司に挨拶しても返事がなかったけど、怒らせるようなことしたかな?」

こんなこと毎日考えて、原因をあれこれ想像してたら苦しくなりますよね。

「人の評価が気になってしまう」「人からどう思われているのか気になってしまう」というような、人の目を気にし過ぎる人は、自分の感情を他人の言動で決めてしまっていることが多いようです。

自分の感情よりも他人の言動や態度が軸になってるんですよね。

他人の気分や言動は自分ではコントロールできない事ですから、これに振りまわされると苦しくなるのは当然なんですよね。

もちろん、ひとりで生きていくわけではないのですから、人目を全く気にしないというわけにもいかないでしょうが、他人に合わせてばかりではなくて、もっと自分の素顔を出していく方が楽に生きられると思うのです。

 

自分の事は自分で決めてもいい

人目を気にして、他人が喜ぶ自分を演じても苦しくなるだけでしょう。

同じことをしても、ある人には評価されても、他の人には評価されないかもしれません。

ここが悪いと言われて直したけれど、他の人にはどうして変えたんだと言われることもあります。

これでは、他人の意見に振り回されて疲れてしまいますよね。

そうではなくて、もっと自分の素顔を出していきましょう。

自分の事は自分で決めてもいいのです。

 

客観的な視点を持つ

オシャレして外へ出歩くと、人の目が気になって何だか落ち着かないというようなことばかり考えていると、自分の事ばかりが気掛かりで視野が狭くなってしまいます。

それでは周りが見えなくなってしまいますし、自分の事を客観的に見ることが出来なくなってしまいます。

「人からどう思われているのか」という視点からは遠く離れた位置にいると言えるのではないでしょうか。

人が自分をどう思っているかは、相手の立場になってみることが近道だと思うのです。

 

他人よりも自分を優先してもいい

人目が気になるという人は、自分の事を後回しにしてしまう考え方の癖がある人かもしれません。

人に心遣いをすることは大事なことですが、自分を犠牲にしてまですることではないのです。

①自分の事

②他人の事

優先する順番はこれでOK。

自分の事をもっと大切にしていきましょう。

 

まとめ

世の中100人いれば、100通りの意見があります。

どれが正しいということではなく、それぞれの意見が違うということ。

この100人いれば100通りの意見があることに、他人の目を気にする人はその意見に合わせようとします。

けれど、それは無理な話なんですよね。

だから苦しくなる。

人の言動や態度に一喜一憂するのではなく、自分の素顔をそのまま出せばいい。

意見の合わない人もいるかもしれませんが、そのときは自分の事を責めずに自分で自分の味方になってあげましょう。

それでは、また…

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?