「人に期待してしまう」をやめると気楽に生きられる

ある人に期待したけれど、期待通りにならなくてショックを受けてしまうことってありますよね。

例えば…

自分がこれだけしてあげたんだから、相手もそれだけのことを返してくれるだろうと思ったり。

こうすることが普通なのに、なんでやってくれないの?と思ったり

どうして私のことわかってくれないの?と思ったり

このような「こうあるべき」という気持ちが叶えられず、ストレスを感じてイライラしてしまい人間関係がギクシャクしてしまうなんてことがあります。

そんなこともあってか「もう人に期待しないほうが楽になれるのかな?」と思ったりして、落ち込んでしまったりする。

今日は、人に期待しても期待通りにいかずに強い不満を感じて、葛藤やストレスを感じる人のことについて考えてみたいと思います。

他人に期待しすぎるのは不幸な考え方

人に期待してしまうのは誰にでもあることで、おかしなことではありません。

けれども、相手に期待しすぎると要求に応えられなかったときに、感情をぶつけてしまい関係がギクシャクすることもあります。

例えば、LINEやメールなど連絡をとったけれど、なかなか返事が返ってこなかったとします。

「すぐに返信して欲しい!」と期待していると、それが叶わずに5分、10分と待つにつれてイライラしたり不安になってくるわけです。

どうしてすぐに返事をくれないんだろう?

他に好きな人が出来たのかな?

もしかして、何か嫌われるようなことをしたのかな?

すぐに返事が欲しいと期待していたのに叶わなかった事にショックを受けて、アレコレ想像し過ぎてしまい、怒りだしたり不安になったりする。

けれど、相手は内容を確認した後にすぐに返信できる状況ではなかったので、後で返信しようと思ったのかもしれません。

そんなときに「どうしてすぐに返信してくれないの!」と言われると、「あとで返そうと思ってたんだけど・・・」と何も悪いことをしていないのに、なんでこんなに攻められるんだろうと不満に思ったりするわけです。

こういった事を繰り返す事で、要求に応えられないとうんざりした気分になり、やがて相手の気持ちが離れてしまう事もあるんですね。

大事なのは期待どおりになることじゃない

誰かに期待するっていうのは、時と場合によっては自分の要求を押し付けてしまっているところもあるのかもしれません。

あなたの期待は、あたりまえにしてもらえることだと思っていることでも、相手も同じように考えているとは限りませんよね。

相手の考えや事情を無視して「こうじゃないといけない」「間違っている」と言われたら、言われた方は自分のことを否定されたような悲しい気持ちになってしまうかもしれません。

相手には相手なりの考え方や事情があるわけですから、相手のことも尊重してあげる必要があるんですね。

僕達は、他人のことを自分の思い通りに動かすことはできませんよね。

他人に期待するのは誰にでもあることですが、相手にも事情があるから期待どおりにいくとは限りません。

だからこそ、相手の気持ちを尊重しながらベストを尽くすしかないんです。

自分の気持ちを相手に伝えて、期待通りにいかなかったのなら仕方ない。

またの機会にするなり、考え方を変えるなり、別の選択肢を模索したらいいんだ。

何か一つ期待どおりにいかなかったからといって、何もかもがダメになるわけではありませんよね?

むしろ、期待どおりにいかなかったからとイライラしてしまい、関係がギクシャクしてしまう方が、あなたにとってはマイナスが大きいのではないでしょうか?

大事なのは、あなたの期待どおりに相手が動くことではないんです。

二人の関係を、もっともっとよくしていくことなんだよね。

人に期待してしまうをやめると気楽に生きられる

人に期待してしまうのは誰にでもあることで、おかしなことではありません。

けれども、相手が期待に応えられなかったときに感情をぶつけてしまっては、良好な関係を維持する事が難しくなってしまいます。

人に期待することは誰にでもあることだけれど、期待しすぎると上手くいかないんですね。

あなたは、二人の関係をギクシャクさせてまで自分の期待にこだわりたいですか?

そんなことはないですよね?

大事なのは、二人の関係をこれからもっと良くしていくこと。

そのために、自分にできるベストを尽くそう。

自分の気持ちを相手に伝えてはダメだということではないよ。

自分の気持ちは相手に言わないと伝わらないから、こうして欲しいと伝えたらいい。

けれども、相手を困らせるほど要求していては上手くいかないよって事なんですね。

人に期待してしまう人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

気持ちを受け止めて貰えないときの対処法

「まあいいか」で不満の多くは解決する

大切な人と気持ちにすれ違いがある人へ