テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

「自分さえ我慢すればいい」は上手くいかない

自分さえ我慢すれば全部上手くいくんだからと、ことあるごとに自分の気持ちを抑えてしまう人がいます。

周囲の人の顔色を伺ったり、その場の雰囲気を考えて、「自分さえ我慢すれば」と犠牲心でもって自分よりも他人を優先してしまう。

私さえ我慢すれば丸くおさまるんだから、揉め事にならなくて済むんだから、この場の空気がめちゃくちゃにならなくても済むんだからと自分の気持ちを抑えてしまう。

けれど、我慢しているあなたの心は苦しくないのでしょうか?

あなたが「やってあげたい」と心から思ってすることならいいのかもしれませんが、その場をおさめようと自己犠牲の気持ちで我慢しているのなら止めたほうがいいと思うのです。

今日は、「自分さえ我慢すれば…」と思って辛い気持ちを重ねてしまう人のことについて考えてみたいともいます。

「自分さえ我慢すれば」という悲劇

「こんな事したら人に嫌われるかな」とか「こんな事したらバカにされるかも」と人目を過剰に気にすると、何をするにも「人がどう思うか?」が気になって自分の気持ちを素直に表現することが難しくなってしまいます。

相手を傷つけたくない、困らせたくない、嫌われたくないという気持ちが、自分ひとりで抱え込む「自分さえ我慢すれば…」という結論にいたるんだよね。

けれど、その考え方は自己犠牲で成り立つものですから、どうしたって心が苦しくなってしまうし、何より我慢するばかりの人生ではしんどいですよね?

僕達は、嫌なことで湧いたイライラした気持ちを他人にぶつけてしまうことがあるように、溜まった感情をそのままにしておくと自分も周囲の人も嫌な気持ちになることがあるんですね。

その場は我慢して収まったとしても、心には不満がどんどん溜まって大切な人に八つ当たりしてしまっては本末転倒です。

だから、自分の素直な気持ち表現することって大切なことなんですよね。

「私さえ我慢すれば」と我慢して嫌な感情が溜まれば「これだけ我慢しているのに」「頑張っているのに」と当然思うわけですが、我慢していることを周囲の人は知りませんから「私の気持ちをわかってもらえない」「理解してもらえない」と不満に感じることもあるでしょう。

普段から我慢しがちな人は自分の気持ちを「察してほしい」と思いがちですが、人の気持ちなんて余程の勘のいい人じゃないとわかりませんから、自分の本心が相手には伝わらないという悲劇が起こってしまうんですね。

自分には価値がないという思い込み

「私なんてダメな人間だ」「どうしようもない人間なんだ」というような、「自分には価値がない」という考えを持つと自分を雑に扱うような自己犠牲の行動をしてしまいます。

例えば、人と物を出し合って交換するときに相手が出したものよりも自分が出した物の方が価値が低いものだったら、「それじゃ悪いから」と他で埋め合わせしようとしますよね?

これと同じように自分の価値が低いと思っていると、その埋め合わせをするために役立つ自分であろうとしたり、人の顔色を伺うようなことをしたり、「私は人より頑張らないといけないんだ」と自ら自己犠牲の行動をとったりするんですね。

人が嫌がることを自ら買って出たり、人と話すときはもっぱら聞き役で自分のことは言えなかったり、みんな自分のことをどう思っているんだろうと過剰に気にしたりする。

「どうせ安いものだから」と物を乱雑に扱うように、自分のことを雑に扱ってしまうんですよね。

自分の価値を低く見積もって、自分を粗末なものでも扱うようにすることはやめよう。

そのままの自分に価値があるんだと考え、自分のことをもっと大切にしたらいいと思うんだ。

相手と向き合ってみる

あなたの気持ちを言葉で伝えなければ、自分の気持ちが伝わることは稀でしょう。

あなたが皆の気持ちを完全に理解してあげられないのと同じように、周囲の人も察してあげるには限界があるんだ。

とはいえ、今まで我慢ばかりしてきた人からすると、簡単には言い出せないという人もいるかもしれません。

そういう人は、慌てずに心に余裕が出来て相手と話し合ってみようと思ったときに気持ちを伝えればいい。

何を話すか事前に紙に書くなどしておくと、どんな内容を話すかまとまっていますから自分の気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

自分の本音を話すことで相手とコミュニケーションがとれて距離感が縮まることもあるかもしれませんし、お互いの気持ちがわかってコミュニケーションが取りやすくなることもあるでしょう。

時間をかけて相手と向き合っても理解してもらえない場合は、価値観が違うなど相手の問題ですから、これから相手との関係を自分はどうしたいのかを基準に考えて、距離を置くなり離れるなりの行動を考えればいいんですよ。

まとめ

「私が我慢すればこの場がおさまる」と考えてグッと我慢しても相手はあなたの気持ちを知ることが出来ないから、辛い気持ちを重ねていくだけなんだよね。

もしも、ことあるごとに「私が我慢すれば…」と考えてしまう癖がある人は、自分に価値がないと思っていないか自分の行動を思い返してみてください。

自分に価値がないと思えば、埋め合わせをしようとして自己犠牲の行動に走ってしまうかもしれません。

そうではなてく、そのままの自分に価値があると考え方を改めてみましょう。

相手と向き合わなくては関係を改善することは難しいかもしれません。

すぐに上手くいかなくても、根気よくコミュニケーションをとる気持ちで相手と向き合ってみよう。

自分さえ我慢すればと考えてしまう人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自分を受け入れることで自分を守ることができるようになる

人に振り回されてしまう人生を変える方法

自分を後回しにする癖がある人は自分を大切にする時間をもうけよう