めんどくさいからやりたくない!と思ったときの対処法




どうしてもやる気のエンジンが掛らずに、「めんどくさいなあ~」と思うときってありますよね?

それでも「やらなきゃいけない」と思っているから心の中で葛藤したりする。

 

会社の飲み会とか面倒くさいけど付き合いもあるし行かないと、「ハァ…めんどくさいなぁ~」と思ったり。

今から家事をやらなきゃいけないと思うと億劫だ、「めんどくさいけどやらなきゃ…」と思ったり。

今度やることになった案件だけど、かなり難しそうだし何から取り掛かったらいいかわからないから「めんどうだな」と思ったり。

 

こんなふうに「めんどくさいけどやらなきゃ」と思っているけれど、やりたくないなと感じるときって日常的にありますよね。

「やらなきゃいけない」のに「やりたくない」と思っているんだから、身動きとることもできずに時間だけが過ぎていく。

時間が勿体ないと頭ではわかっているんだけれど、「でもやっぱりやりたくないし」とか「いやいや怠けちゃいけない」とかずっと考えちゃうんだよね。

今日は、「めんどくさい」けど「やらなきゃいけない」という葛藤があってどうにもはかどらない!という人のことについて考えてみたいと思います。

 

「めんどくさい」はどんなときに感じるのか?

そもそも、めんどくさいとはどんな状態でしょうか?

何が何でもというわけではなくて、やろうと思えば出来るけどやりたくないこととか、手間や時間がかかる割には良いことが無いとか、そんなところじゃないでしょうか。

やろうと思えば出来るけれど、「やりたくないこと」「やらされていると思っていること」を我慢してやろうとすると「ああ…めんどうだなぁ~」と思うわけですね。

例えば、休日に遊びに行こうと思っていたら、家族から用事をたのまれてしまい、せっかくの休日が潰れて「めんどくさいなぁ」ってなったことありませんか?

休日ぐらい自分の好きなことをしたいけど、家族のお願いを断ると後で面倒なことになるからしかたなしに引き受けたりする。

自分の意思に反して「やりたくないこと」「やらされていると思っていること」を我慢してやろうとすると、人はめんどくさいと思うんですね。

 

また、頭の中で考えすぎてしまい、出来そうにないから「面倒だな」と思うこともあります。

例えば、PTAやサークル活動などのリーダーを引き受けることになったとします。

引き受けたからには「ちゃんとしないといけない」と思い、自分が理想とするリーダー像と今の自分とのギャップに苦しんで、「面倒だな」と思うわけですね。

最初から完璧にこなそうとする人は、意図せず自分を追い詰めてしまい面倒に感じたりすることもあるんですね。

 

単純に体が疲労を感じていて、日常的にやることも「面倒くさいな」と思うこともあるでしょう。

膨大な量の仕事を前に休みなく働いて疲れてしまい、風呂に入るのも歯を磨くのも面倒くさくなった。

普段は大丈夫でも、疲れているときは日課をこなすのも辛いときがありますよね。

 

めんどくさいと感じたときの対処法

「やりたくないこと」「やらされていると思うこと」を我慢してやろうとすると、「なんでこんな事しなきゃいけないんだ」と思ってめんどくさくなってやる気が出ないということもあるでしょう。

自分の意思に反することを強制されれば、どんな人でも不快な気持ちになりますよね。

だから、そのまま不快な気持ちで物事をやろうとすれば「やる気」が出ないのは当然のことだと思うのです。

強制されているという感情に執着すると苦しくなるだけですから「やりたくない」という思いを曲げてでもやろうとするのではなく、自分が主体的にやろうとする気持ちが持てると前向きになれるんじゃないでしょうか?

例えば、休日に遊ぼうと思っていたのに家族から用事をたのまれて、「なんで休日つぶしてまで、こんな事しなくちゃいけないんだ」と思うとイライラして面倒な気持ちになってしまいますよね。

そうではなくて、「家族のリクエストに応えることで、家族との絆を深める目的をさらに進めることが出来るチャンスだ」と考え直してみるといい。

大事なことは人にやらされているという立場に立つのではなく、目的をもって自分が主体的に行動するということです。

 

頭の中でいろいろと考えすぎてしまい、自分にはとても出来そうにないから「面倒だな」と思うこともあるかもしれません。

そんなときは、いっぺんに全部やろうとせずに問題を細かく切り分け今の自分に出来ることからやってみるといいと思うのです。

始めてみたときは大きな問題に思えても、少しづつコツコツと積み重ねていくことでやがて終わりに近づいていきます。

「人がどう思うかな」とか「上手に出来ずに恥をかかないか」とか余計なことは考えなくてもいい。

完全なものを最初から用意しようとするのではなく、デジタル製品のように少しづつバージョンアップしていくように自分のペースでやっていけばいいんだ。

 

おわりに

人生で「めんどくさい」という気持ちは、何をするにも難敵だったりします。

試験があるけど勉強するのが面倒だなと思ったり、仕事があるけど行きたくないなと思ったりして大切なことをしたくなくなるわけですから、なかなか困った奴ですよね。

とはいえ、面倒くさいという気持ちに対処出来るようになると、これからの人生も充実したものに出来るかもしれません。

 

やりたくないことをやろうというわけですから「めんどくさい」と感じるのは当然のことでしょう。

疲れているときは、体を休めることも大事です。

やらなきゃいけない事とは違うことをして気分転換をしたり、休憩をとってリフレッシュするのもいいかもしれません。

イライラしていたり、集中できない状態でやってみるよりも、気分転換をすることで意欲も湧くかもしれません。

 

何をするにも他人に強制されると、いい気持ちで取り組むどころかやる気を削いでしまうだけでしょう。

同じことをするにしても、誰かに「やれ」と言われるやるよりも、自分が主体的に「やりたい」と思ってやることならやる気も出ると思うのです。

受け身になって「やらされている」と思うのではなく、やることによって自分にどんなメリットがあるのか考えてみよう。

「このために頑張ろう」と思うことができたら、「やらされている」ことではなく「自分のためにやっている」と思えるのではないでしょうか?

何事も受け身に捉えるのではなく、自分が主体的に考えて行動することを心掛けてみよう。

 

 

 

めんどうだなと思ったときは、こちらの記事も参考になるかもしれません。

やる気と我慢の根性論よりも習慣が努力を継続させる

行動することで道が開ける

気分が乗らないなぁ~という話

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?