「考えすぎる」をやめられない人の対処法




会社の飲み会など嫌な予定が入っていたら、その日が過ぎるまでクヨクヨと日常的に考えてしまい、嫌な予定のことが頭から離れない。

些細なことでもメリットやデメリットを考え、時間をかけて決断したのにもかかわらず、いざ行動してみると後悔することがある。

人間関係で、相手の言動が自分に関連しているように感じて、本人からは何も言われていなくても嫌われているように感じてしまう。

アレコレ考えすぎて不安になったり怖くなったりする癖がある人は、考えているだけで物凄く消耗するんですよね。

だったら「考えすぎる」のをやめたらいいじゃないかと言われるけれど、それが出来たら苦労しないと思ったりする。

今日は、日頃から「考えすぎる」癖があって、毎日いちいち些細なことを考えて消耗してしまう人のことについて考えてみたいと思います。

 

考えすぎると疲れてしまう

考えすぎる癖があると本当に辛いですよね。

フジモフも、考えすぎてしまう悩みがあったのですが、そのときは考えてるだけなのに心が苦しくなって酷く消耗していたんですよね。

例えば、上司に挨拶したけれど返事がなかったときに、「何か嫌われるようなことしたかな?」と不安になってしまう。

たまたま不機嫌なだけだったり、聞こえなかっただけかもしれないのに、仕事が始まってもあれこれと考えてしまう。

帰宅した後も不意に思い出しては、挨拶したときの態度が気に入らなかったのか、仕事ぶりに不満があるのかなとか余計なことを延々と考えて、クタクタになってしまう。

現実は、返事がなかったというだけのことなのに、あれこれ考えすぎて自分を追い詰めてしまうんですよね。

 

わからないことは考えない

挨拶の例からいっても、考えてもわからないことをアレコレ気にしても良い結果が出るわけでもないんだよね。

わからないことを長時間考えても明確な結論が出ることはないし、感情的になってネガティブな考えに振り回されかねない。

挨拶の例でいえば、挨拶しても返事がなかったことを考えすぎてしまい、上司に嫌われているんじゃないかと不安になってしまうかもしれない。

あれこれ考えて自分を追い詰めてしまい、現実に起きたことは返事がなかったというだけなのに、上司のことが嫌いになったり、会社に居場所がないと感じてしまったり、胃がキリキリと痛みだしたりしてしまう。

考えすぎる癖があると、自分の生活に悪影響がおこることもあるんですよね。

 

考えすぎの対処法

考えた方が良いことは事は考えすぎるくらいでも良いかもしれないけれど、わからないことは考えなくてもいいんだ。

クタクタになるほど長時間考えても現実が変わるわけじゃないから、いつまでも考えてしまう癖がある人は、他に集中出来ることをひとつ作っておくといいでしょう。

自分に合った切り替えスイッチを作っておくと、ずっと考えてしまう流れを変えることが出来ます。

フジモフの場合は、散歩に行ったり、掃除をしたり、プチ旅行に行ったりして気持ちを切り替えることが多いです。

外出して夕日や自然を見てまわったり、家を綺麗にして気持ちよくなると心もスッキリするんですよね。

 

おわりに

何もしないでぼ~っとしていても、脳はとりとめもなくアレコレと考えてしまうんですよね。

楽しいことならそれでもいいのですが、苦しくなる考えなら続けないほうが良い。

けれど、考えることをやめようと躍起になればなるほど、考えたくないことに集中してしまう。

考えすぎて苦しくなってしまう癖がある人は、「ああ…いま考えすぎているな」と客観的見れるようになるといいかもしれません。

考えすぎているときは、すぐに気持ちを切り替えようという行動に出ることが出来ないかもしれませんが、「ああ…いま考えすぎてるな」と客観的に自分を見ることが出来るようになると対処も早いと思うのです。

考えることは悪いことではありません。

「また考えすぎてしまった」と自分を責めるのではなく、そんな自分を受け入れてあげて下さいね。

 

 

 

考えすぎてしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

気持ちの切り替え方(上手に自分と付き合う)

ネガティブ思考のやめかた

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?