嫌なことはやめてもいい




「辞めたいんだけど、○○だから辞められないんだよなぁ…」

そんなふうに思って、不本意だけど我慢して続けようとすることってありますよね。

例えば…

「辞めた後にどうなるかわからないし、先が見えないから」

「辞めたら人に迷惑がかかるし、みんなの負担を考えたら悪いと思うし」

「ここで辞めたら逃げたことになるし、他へ行っても同じことに悩むと思うから」

 

辞められない理由が頭に浮かんできて、やっぱり踏み切れないという気持ちになる。

自分の心に辞めたくないという気持ちがあるのなら、それもでも良いと思うのです。

けれど、辞めたいのに辞められないと思うのなら、理由が他にもあるからなのかもしれません。

 

嫌なところはそこなの?

辞めたいと思っていることを、大きな枠で捉えてしまうということがあります。

例えば…

「職場の人間関係が苦痛で我慢ならない」

「拘束時間は長いし休みは取れないのに、給料が安くて辛い」

「仕事内容が自分には合わずに、辛くてしょうがない」

ここに居たらストレスが溜まるばかりだし、いっそのこと転職したほうが良いんじゃないか?

こんなふうに考えて、仕事で嫌なことがあるから仕事を辞めたいと思うことって、ありがちですよね。

けれど、仕事を辞める前に出来ることがあるのなら、そちらの対処を優先したほうが良いかもしれません。

 

職場の人間関係が辛い

人間関係が苦痛なら異動を申し出る方法もありますし、信頼できる人に相談したら相手への誤解が解けることもあるかもしれません。

人間関係が辛いと思っているときは、どうしても苦手だったり嫌いな人に目を向けがちですが、職場の中には気の合う人もいると思うのです。

その人達と仲良くなることで、職場の中でのストレスを発散することが出来て「もう少し頑張ってみようかな」と思える日が来るかもしれません。

 

拘束時間が長く休みが取れない

忙しくて休みが取れないと思っても、実際に申請してみるとすんなり通って拍子抜けすることもあります。

フジモフも、忙しい職場で休みを取りにくいと思っていたのですが、恐る恐る申請したらあっさりOKが出たことがあります。

仕事が忙しいから休みを取ってはいけないと、自分で自分を「してはいけない」と縛っていたんですね。

自分が思い込んでいることを、みんなも同じように思っていると誤解してしまうことって結構あるんですよね。

 

仕事が合わない

仕事が合わないと感じたときは、自分がどれだけ仕事を続けてきたのかを思い浮かべるといいかもしれません。

始めたばかりで手際よく仕事が出来る人は稀ですし、自分に向いているか向いていないかはわからないと思うのです。

同じタイミングで入社した人が自分より仕事が出来るように見えて、悔しかったり、焦ってしまうこともあるかもしれません。

けれど、あなたにはあなたの良いところがちゃんとあるのですから、他の人と自分を比較するのではなく、自分の良いところを仕事にどう活かすかを考えてみましょう。

 

仕事が合わずに、長く続けても慣れるどころか苦しくなるという人は、担当する仕事を変えて貰うのも一つの方法です。

そのときは、仕事が合わないから変えてくださいというよりも、他の仕事にも挑戦してみたいと前向きに言った方が、相談を受ける方も気持ちいいかもしれませんね。

 

嫌なことはやめても良いと思うのです。

けれど、仕事という大きな枠で捉えるのではなく、何が自分にとって嫌なのかをもう一度考えてみると、本当にやめたいところが見えてくるかもしれません。

 

好きなことをやってみる

嫌なこと、やりたくないことをやめていくと、自分のやりたいことに目を向けられるようになります。

いままで嫌なことに目を向けて縛られていたところから、心に余裕が出来るからなんですね。

これからは、嫌なことに目を向けるのではなく、自分の好きなことをやってみませんか?

英会話とか、料理教室とか、セミナーとか、自分に必要なことをするということではなくて、自分の好きなことをやってみる。

もちろん、英語圏の国が好きで英語が学びたいというように、自分の好きなことが英会話ならそれでもかまいません。

楽しいと思ったり、面白そうだなと思ったり、やってると時間を忘れるようなことをやってみましょう。

好きなことをやっているとポジティブな気持ちになれるし、他のことにも挑戦してみたいという欲も湧いてくると思うのです。

好きなことをやる→ポジティブになって精力的に活動するというような、良いサイクルに自分を置くことが出来ようになります。

嫌なことに目を向けるのではなく、好きなことを積極的にやっていきましょう。

 

おわりに

嫌なことを重く捉えてしまい、全部がダメだと誤解してしまうことがあります。

けれど、何が嫌なのかを明確にすることで、これからの自分の行動が見えてくると思うのです。

嫌なことばかりに目を向ける人生は、楽しい人生とはならないでしょう。

好きなことをやってみることが、楽しい人生の扉を開く鍵となるのです。

 

 

 

嫌なことをやめたいなと思っている人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

役立つことより好きなことをしよう

自分の気持ちに素直になろう

人生は苦しいものだと思っていませんか?

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?