テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

気分がのらないなぁ~という話

「な~んか、気分がのらないなぁ…」

そんなふうに思って、やらなきゃといけないことに、まったく手につかないことがありますよね。

気分がのっているときなら苦も無くでも出来ることでも、どうにも前に進まない。

「ダメだ…全然進まない」

「はぁ…なにやってるんだろ」

「なんだか、だるいな…」

寝そべりながら天井を見て、無意味に独り言をつぶやいてみる。

やらなくてはいけない事があるはずなのに、童話のガリバーにでもなったようにピクリとも動かない。

もちろん、小人が悪さしてるわけではない。

身体を動かそうとしたら、いつでも自由に出来るはずだ。

けれど、動こうとしない、したくない…

こういうとき、「何で気分がのらないんだろう?」なんて考えるけれど、簡単な話やりたくないからなんだよね。

「やりたくないこと」を無理やりやろうとするから、身体が拒否反応を起こしてガリバー化する。

さっさと始めれば片付くことでも、「やらなきゃなぁ」と思うだけで憂鬱な気持ちになるんだよね。

「気分がのらないなぁ」とやる気がでないときは、一旦中断して気分転換をした方が良い。

無理矢理やろうとしてもストレスが溜まってイライラするだけで、なかなか進まないから効率が悪いんだ。

フジモフも気分がのらないときは、気分転換に全く違うことをします。

犬の散歩に行ったり、部屋の掃除をしたり、時間があるときは地元山口県の観光地へフラッと行くこともあります。

例えば、夕方に散歩して夕景を見て綺麗だなと思えば、気持ちも和らいでくるでしょう。

掃除をすれば部屋も綺麗になりますし、スッキリした気分になるから、意欲も湧いてくるかしれません。

フラッと観光地に行けば、まだまだ知らない場所や、いい場所が沢山あるんだなと気分転換になる。

気分転換が出来たら、「よし!やるぞ!!」とやる気も戻ってきます。

まずは「やりたくない」という自分の気持ちを尊重して気分転換をする。

その後に「やらなきゃいけない事」をすれば上手くいくんだよね。

時間がないときは、ハードルを下げるという方法もあります。

例えば、5分だけやろうとか、机に座ってテキストを開くだけとか、現地に行くだけとか、物凄くハードルを下げるんです。

そうすると、始めた勢いで5分だけのつもりが30分できたり、現地にだけ行くつもりが、せっかく来たのだからと最後までやったりして、予定を消化できたりするんだ。

気分がのらないなぁ~というときは、ハードルを下げるのも一つの方法ですよ。

やる気がないけどやるしかないときは、ぜひ試してみてください。

なんだか気分がのらないなぁ~というひとは、こちらの記事も参考になるかもしれません

なんだか物足りないと感じる人は生きがいをもってみよう

気持ちの切り替え方(上手に自分と付き合う)

嫌なことはやめてもいい