テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

気持ちの切り替え方(上手に自分と付き合う)

やってしまった失敗や、過去に起こった嫌なことを引きずって考えてしまうことってありますよね。

頭では気持ちを切り替えた方が良いとわかっているけれど、ネガティブな気持ちに引っ張られて、辛い気持ちになりながらいつまでも考えてしまう。

辛い気持ちになるのがわかっているのに、引きずって考え続けるのは苦しみを自ら作っているようなもので、なんだか不思議な行動ですよね。

フジモフも、考えすぎてしまうタイプだからか、気持ちの切り替えが苦手で引きずることが多かったです。

気持ちの切り替えが上手くいかないと、いつまでも苦しいままだから何もしてなくてもヘトヘトに疲れてしまう。

これで「何もする気が起きない」なんてなったら、勿体ないですよね。

今日は、失敗や過去に起こった嫌なことを引きずってしまい、なかなか気持ちが切り替えられないという人のことについて考えてみたいと思います。

他のことをする

気持ちを切り替えたいときは、今やっていることは中断して、他のことをするのも効果的です。

フジモフが、気持ちを切り替えたいときによくやっているのは、散歩に出たり、掃除をしたり、気まぐれにひとり旅に出たりしています。

気持ちを切り替える方法を事前にいくつか用意しておくと、実際に気持ちを切り替えたくなったときにすぐに対応できるのでいいですよ。

フジモフは、散歩や掃除などをして気持ちを切り替えますが、これが正しいやり方ということではなくて、自分に合ったやり方を模索するといいでしょう。

散歩や掃除が嫌いな人がやっても、気分転換にはならないですもんね。

フジモフが気持ちを切り替えるのに散歩や掃除をするのは、自分に合っているからなんですね。

部屋の掃除をすると気持ちがスッキリしますし、掃除に集中することによって自然と失敗したことや嫌なことを忘れさせてくれるんです。

汚い部屋だと気持ちも淀んできますし、整理されていないと効率も悪くなりますから、気持ちを切り替える以外の効果もあってお勧めですよ。

掃除が苦手という方は、顔を洗ったり歯を磨いたり自分がスッキリすることをするのも良いかもしれませんね。

クヨクヨする気持ちを置いておく

職場などで気分転換をする暇がない場合は、失敗や嫌なことはとりあえず置いておいて、目の前のことに集中するといいでしょう。

反省は後回しにして、今やるべきことや、出来ることに集中して気持ちを切り替える方法です。

クヨクヨ考えてしまいそうになったら、「反省は後でゆっくりやればいいから、今はやるべきことに集中しよう」と自分にアドバイスするように言ってあげましょう。

失敗したら反省することはもちろん大事なことだけれど、嫌なことや失敗を思い出して自分が苦しくなるのは反省とは違うんだよね。

大事なのは「今」何をしたらいいのかということなんだ。

まとめ

どんな人間でも、失敗や嫌なことがあれば辛くなるのは当然なんだよね。

けれど、いつまでも嘆いたり悔いていてもマイナスにしかならないから、気持ちを切り替える必要がある。

気持ちを切り替えるための方法をいくつか準備しておくと、困ったときに役立つので探してみましょう。

気分転換をする暇がないという場合は、反省は後回しにして今やるべきことに集中するようにしましょう。

何事も考えすぎてしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

「考えすぎる」をやめられない人の対処法

やる前から諦める癖の治し方(失敗を恐れない生き方)

行動することで道は開ける