雑に扱われる自分をなんとかしたいと思ったら




家族や他人から「なんだか雑に扱われているな」と憤りを感じることがありませんか?

例えば、自分の意見や希望をまともに扱ってくれなかったり、真面目な話を茶化されたり、なんだか自分が軽く扱われているような気がして不満を溜めてしまう。

他の人も同じ扱いかといえばそうではなくて、ある人は意見を尊重されたり、いつも話の中心になったりしているのを見ると、自分と何が違うんだろうとモヤモヤした気分になる。

今日は、人に雑に扱われてしまう自分をなんとかしたいと思っている人のことについて考えてみたいと思います。

 

自分を大切に扱う

普段から雑に扱われているなと感じる人は、自分を大切に扱ってみましょう。

鼻をかんだティッシュを丁寧に扱う人がいないように、人間も雑に扱われている人を丁寧には扱ってはもらえません。

雑に扱っても大丈夫そうな人は、雑に扱われがちなんですよね。

ですから、まずは自分で自分のことを大切にしてあげることが大事になるんです。

同じ人でも、不潔でラフな格好をしたときより、清潔で綺麗な格好をしているときの方が、特に初対面の場合は扱いに違いが出てくると思います。

家でもスーツを着るように「キッチリ」しようという話ではなく、自分のことを、もっとかまってあげようということです。

自分のことを大切にすることを意識していると、健康のことや身だしなみのことについても気を使うようになると思います。

自分を大切にすることで、他人からの扱いも変わってきますし、自分を磨いてくれるんですよね。

 

無価値観を手放す

自分のことを後回しにする癖がある人や、自分には価値がないと感じている人は、価値の無いもの、尊重しなくてものとして扱われてしまうんですね。

また、仮に大切に扱ってくれる人がいても、素直にその人の言葉や行動を受け取ることが出来なくなるんです。

例えば、嫌いな人に心配されても素直に受け取れないように、自分に価値がないと思うと、賞賛されても素直に受け取れなくなるんですよね。

過剰な評価を貰ったようで居心地悪く感じて、その人から距離を取ったり、心理的に壁を作ったりする人もいるでしょう。

これでは、せっかく大切に扱ってくれる人をみすみす遠ざけることになってしまい、自分にマイナスにしか働きません。

そうではなくて、自分には価値がないという自分への低い評価を手放して、自分にはこんな価値があると思えるものを探してみましょう。

 

相手の問題と自分の問題を区別する

「あの人にはいつも雑に扱われているな」と思ったら、自分の問題ではなく相手の問題なのかもしれません。

あなたに落ち度はなくても嫌ったり苦手意識をもつ人はいますし、その結果不機嫌になって雑に扱う人もいるでしょう。

そういう人とは無理に仲良くしようとはせずに、付き合い方を見直すようにしましょう。

私も嫌いですと主張しようという話ではなく、相手から距離を取ったり、挨拶程度の付き合いにとどめるなど付き合い方の工夫をするという事です。

みんなと仲良くしようとしなくても、付き合いやすい人、好きな人、安心できる人を大切にしていけばいいのです。

 

まとめ

雑に扱われることを何とかしたいのなら、自分を大切にすることから始めてみるといいでしょう。

自分で自分にダメ出しをすることをやめて、自分の価値を探して認めることが大事です。

相手の問題と自分の問題をしっかり区別して、無用なストレスを溜める人間関係の整理をしてみよう。

 

 

 

自分の事を雑に扱われていると感じたら、こちらの記事が参考になるかもしれません。

自分の問題と他人の問題を区別する ~他人の問題に悩まされない方法~

自分を後回しにする癖がある人は自分を大切にする時間をもうけよう

心の逃げ場所をつくろう(自分を大切にする生きかた)

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?