自分にダメ出しする人は、自分と向き合い認めてあげよう




自分に自分でダメ出しして、ため息つきたくなるときってありますよね。

例えば…

後輩は仕事が出来てみんなに好かれているのに、自分はみんなに迷惑をかけてばかりでなにやってるんだろうと落ち込んだり

無口で暗い人間だから、人付き合いも上手くいかないし「私なんて、いなくてもいいんじゃないか」と悩んでしまったり

みんな軽々と出来ることなのに、どうしても苦手意識があって上手くいかずに自分を嫌ってしまいそうになったり

 

自分がダメだと思ったときに、自分のことを責めたり、バカにしたり、嫌ってしまうのは、自分で自分をいじめているのと同じことだといえるでしょう。

このように自分のことをいじめる考えをしてしまう癖があなたにあるのなら、自分と向き合い良いところも悪いところも含めて自分を認めてあげて欲しいと思うのです。

 

自分と向き合う

恥ずかしい思いをしたり、悔しい思いをしたときは、誰でも自分を責めてしまいたくなるものですよね。

ですが、それは常に自分のことを批評する評論家を連れて歩くようなもので、楽しい人生とはなりにくいかもしれません。

あなたが辛いと感じたときは、自分を見放すのではなく自分を助けるよう努力をしたほうが良いと思うのです。

自分を助ける努力のひとつとして、自分と向き合うという方法があります。

例えば、後輩は仕事が出来るのに私はダメだなと責めたくなったら、後輩と比較して私は仕事が出来ないと落ち込んでいるんだなと、自分のことを客観的に見るようにしてみましょう。

自分の気持ちがわかったら、あなたが自分を助けるために何が出来るかを考えてみましょう。

例えば、仕事は後輩との競争ではないのだから、後輩と張り合うのではなく自分の得意な仕事をアピールしていこうと思ったのなら、それを実行していけばいい。

いちどに全てを変えようとするのではなく、少しづつでいいから試しながら変えていくといいでしょう。

自分を責めることでは現状は変わらないどころか、心が苦しくなっていくばかりでしょう。

そうではなくて、自分を助けるために出来ることを始めてみましょう。

 

良いところも悪いところも含めて認める

自分の良いところなら素直に認めることが出来るかもしれないけれど、ダメなところは簡単にはいかないですよね。

けれど「私はダメな人間だ」という否定的な考えで頭が一杯になると、なんとかしなければと自分を追い詰めてしまいます。

気持ちが追い詰められた状態では自分の本来の力が十分に発揮できませんし、酷い状態になると今迄出来たことまで出来なくなってしまうこともあるでしょう。

これでは上手くいきませんし、なによりあなたが自信を失ってしまうかもしれません。

いままで頑張って来たんですから、出来なかったこと、恥ずかしかったことを、そろそろ許してあげても良いと思うのです。

どんな人にも得意なこと苦手なことがあります。

全てを完ぺきにこなそうとするのではなく、得意なことで勝負するようにしましょう。

それが、これからの人生を楽に生きられるようにするための、一つの方法だと思うのです。

 

おわりに

「私はダメな人間だ」と自分を責めてしまうのは自分を傷つける助けにしかなりません。

自分の粗捜しをして乗り越えようとするよりも、自分が幸せになるために出来ることをした方がいいと思うのです。

「自分のことが嫌い」と自分を見放すのではなく、自分を大切にしていくことで自分にダメ出ししてしまう癖をなおしていきましょう。

 

 

 

自分にダメ出ししてしまう癖がある人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

ネガティブ思考のやめかた

出来ない自分を受け入れる ~そんなに自分に厳しくしなくていい~

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?