人の悪口は受け取らなくていい 




人に悪口を言われて気分のいい人なんていませんよね。

人から言われた悪口を受け取り「アイツめ…」とイライラして、自分の中で何度も反論したり、やっつけたりします。

この反論を、よほど言葉にして相手に浴びせてやりたい気持ちになりますが、火に油を注ぐことになるから我慢して余計にストレスが溜まってしまうんですよね。

今日は、人に悪口を言われてストレスが溜まっている人が、どのように対処するかについて考えてみたいと思います。

 

何故悪口を言うのか

世の中には人の悪口ばかり言う人がいます。

こういう人は、劣等感を持っている場合が多いんですね。

例えば、人の粗捜しばかりをして誹謗中傷したり、自分の意見と違うというだけで言葉で相手を打ち負かそうとします。

他人を引きずり下ろすことで、自分の劣等感を忘れようとするわけですね。

また、共通の嫌いな人の悪口を言うことで一種の連帯感を強めることもあり、他人との連帯感を感じるために人の悪口を言う人もいます。

こうして見ると、あなたが悪口を言われる原因に、直接かかわっていないことにお気づきになった方もいるのではないでしょうか?

悪口を言われると「私に何か落ち度があるのかな?」と思いがちですが、根も葉もない悪口を言われる場合は、悪口を言ってる本人の問題であることがほとんどなんですよね。

 

人の悪口は受け取らなくていい

あなたはサンドバックじゃありません。

他人の劣等感からくる悪口を、ご丁寧にありがたく頂戴する必要はないと思うのです。

嘘をつかれたり、根も葉もない悪口を真に受けて直そうとしても苦しくなるだけでしょう。

 

「この人とは距離を取ろう」

「人の悪口を言わないと、自分を保てないんだな」

「それはあなたの問題だから受け取れません」

 

こんなふうに考えてみるといいかもしれません。

みんなから好かれる必要はないですし、そんなことは誰にも出来ないんですよね。

他人に悪口を言われることと、あなたがどんな人間であるかは関係がないのです。

他人の問題と、自分の問題はわけて考えましょう。

もちろん、他人の意見に耳を傾けることが必要なときもあるでしょう。

問題ないと思ってやったことでも、時と場合によっては慎まないといけないこともあります。

そのときは、真摯に受け止め改善していけばいいんですよ。

 

おわりに

人に悪口を言われて楽しい気分になる人はいないですよね。

むしろ、辛い気持ちになったり、落ち込んでしまって何も手がつかなくなるかもしれません。

悪口を言われたときは、信頼できる人に話を聞いて貰うのもいいかもしれません。

1人で抱え込んでいたら立ち直りにくいことでも、誰かに相談することでスッキリすることもあります。

相談した後に心の余裕が出来たら「それはあなたの問題だから受け取れません」と心で言うといいかもしれません。

他人の問題のことまで、あなたが引き受ける必要はないのです。

 

 

 

人に悪口を言われて傷ついたときは、こちらの記事が参考になるかもしれません。

もうこれ以上傷つきたくないと思ったときの考え方

真に受けない

嫌いな人や苦手な人がいてもう嫌だ!と思ったら

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?