続かない人は我慢ではなく習慣化してみよう




なんでもそうですが、毎日続けるのって難しいですよね。

ダイエット始めたけれど、食事制限が辛くてやめてしまったとか

資格勉強始めたけれど、試験を受ける前にやめてしまったとか

習い事始めたけれど、3日でやめてしまったとか

こういうのって、ありがちな話ですよね。

「ハァ…どうして私は続かないんだろう」と悩んでしまったりする。

周囲からは「我慢が足りない」とか「甘えている」とか耳の痛い事を言われて益々落ち込んでしまうんですよね。

今日は、何をやっても続かないという悩みを持ち人が、どうやったら続けることが出来るかを考えてみたいと思います。

 

我慢は続かない

どんな人でも、我慢で続けるのは難しいと思うのです。

目標達成までの期間が長ければ長いほど難しくなってくる。

例えば、ダイエットで朝も昼も食事を抜いて、夕飯も必要最低限のカロリーしか食べないということをやっていたとします。

こんな無茶な事をしたら、長く続けるのが難しいどころか体調を崩してしまうかもしれません。

仮に痩せられたとしても、気を緩めた途端に過食してリバウンドしてしまうんじゃないでしょうか。

目標達成のために焦って無理なやり方でするよりも、「今」の自分に合ったやり方ですることが大事なんですよね。

 

習慣化する

フジモフも継続してやろうと思っていたことを、続けられなかったことがあります。

そういうときって、後から思い出してみるとキッカケがあったりするんですよね。

忙しかったりして、「今日だけ」「明日から頑張る」と理由をつけてやらなかったりする。

そして、何かきっかけがあるたびに「今日だけお休みしよう」とサボり癖がついて最後はやめてしまうんですよね。

何をやっても続かないという人は、ある日突然スパッとやめるよりも、こういうパターンが多いんじゃないでしょうか?

 

やる気を維持するためには、ろうそくの灯を絶やさないようにするように、慎重に扱うくらいでちょうどいいと思うのです。

どんな人でも、続けていたら「今日は気分が乗らないなぁ」と思うときがあるものです。

そんなときは我慢していつも通りにしようとするのではなく、1分だけしようとか1回だけしようとか、「これくらいだったらやってみよう」と許せる範囲でやってみる。

いつもと同じメニューをこなすことに執着するのではなく、習慣化することに重点を置くんですね。

途中でやめてしまうリスクを負うよりも、継続していく方が長い目で見れば成果が出ると思うのです。

自分の気持ちと向き合いながら、嫌々やるのではなく「自分がやりたいからやるんだ」という気持ちを大事しましょう。

 

人の力を借りる

長く続けている人は我慢してるんじゃなくて、楽しんでやってるんですよね。

楽しいことなら、誰かに言われなくたって夢中になって出来る。

ひとりで努力するのもいいですが、同じ志の仲間がいると楽しは何倍にもなると思いませんか?

ダイエット目的で毎日ランニングをしていたとして、1人で黙々と走るよりも仲間と一緒に走った方が楽しいですよね。

もちろん一人の方が気が楽だという人は、それでもいいと思います。

そうではなくて、どちらでもいいよという人は誰かと一緒に出来る人を探してみると、継続できる環境を作りやすいかもしれません。

大切なのは、行為そのものを楽しむということ。

そのための環境を、自分なりに作ってみよう。

 

おわりに

何かを続けるのって、頑張ってすることじゃないんだよね。

続かないのなら、続かないだけの理由があるはずなんだ。

そこを無視して、世間一般的な「良い事」「悪いこと」で自分のやっていることを照らし合わせてジャッジしていたら苦しくなる。

他の人は毎日やっているとか、他の人はきちんとやっているとか、そんなことはどうだっていいんだ。

大切なのは、「自分がやりたいと思ってやっている」という気持ちを大事にすること。

自分が楽しめるように、出来ることから始めてみよう。

 

 

 

何事も続かないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

耐え忍ぶことが努力じゃない

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?