自分を嫌いになるのをやめよう




自分のことが嫌いだというい人がいます。

この世に生まれたときは自分のことを好きも嫌いもなかったのに、いつのまにか嫌いになってしまっていた。

それは、周囲の人のあなたへの反応を見て「ダメな人間なんだ」と思い込んでしまったからかもしれません。

あなたは、決してダメ人間なわけじゃないのに、私はダメなんだと思い込んでしまった。

 

ありのままの自分では、周囲の人は一度たりとも認めてはもらえなかった。

みんなの言うとおりにしていたら、認められ受け入れて貰えた。

だから、ありのままの自分では受け入れて貰えない、誰からも好かれないんだと思った。

みんなの意見に合わせたり、迷惑をかけないようにしようと頑張った。

けれど、それは演じた自分でありのままの自分じゃないんだよね。

 

自分に嘘をついて、自分のことをいっぱい傷つけて、自分のことが嫌いになった。

だけど、決して自分のことが嫌いになりたかったわけじゃない。

ありのままの自分を認めて貰えない環境では、そうするより仕方がなかったんだ。

 

みんなに認めて貰うために一生懸命に頑張って、自分のことが嫌いになった人は、努力する方向が逆だったのかもしれない。

例えば、みんなの意見に合わせることが、みんなからの評価につながるのだと思っていると、上手くいかなかったときに、みんなの意見を汲み取れなかった自分を責めてしまう。

「私って不器用だな」

「ダメだな」

こんなふうに考えて、自分のことを嫌いになってしまうんだよね。

また同じような状況になったらどうしようと、不安になったりもする。

そうではなくて、自分の意見を主張することが大事なんだよね。

自己主張しないことが評価につながるわけじゃない、評価する人がいるとすれば都合がいいときかもしれない。

自分で自分のことを雑に扱えば、人からも雑に扱われるんだよね。

大切なのは、自分が納得できるように行動すること。

自分の意見を全て無理やり通すという話ではなく、意見が通らなかったら自分の意思で引き下がる。

自分が納得できるよう自分の意思で決める事が大事なんだ。

 

ありのままの自分でも、好かれることもあれば嫌われることもある。

みんなと仲良くすることは出来ないし、その必要もないんだ。

あなたが一緒に居て不安になったり、ストレスが溜まるような人と一緒に過ごす為に頑張らなくてもいい。

ありのままの自分を受け入れてくれて、一緒に居て楽しい人と過ごそう。

自分がやってみたいこと、面白そうだと思うことに挑戦してみよう。

自分のことが嫌いだという人は、もっと自分のことを大切にしたほうが良いと思うのです。

 

 

 

自分を嫌いになってしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

真に受けない

できない自分を受け入れる ~そんなに自分に厳しくしなくていい~

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?