テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

幸せを素直に感じてみよう

生きていると思いがけずに良いことがあったり、一生懸命頑張ったら嬉しい結果になったりすることってありますよね。

素直に良かったと思えたり幸せって感じられたらいいのだけれど、今ある幸せを無くしてしまったり、この幸せは続かないんじゃないかって不安になって素直に感じられなくなるときってありますよね。

幸せを噛みしめるよりも、無くしたときの不安の方が大きくなったりする。

まるで幸せになり過ぎたら不幸が襲ってくるような気がして、素直に感じることを自分に戒めてみたりするんだよね。

だけど、そんなことしなくたっていいんだ。

楽しかったり、嬉しかったり、幸せなときは素直に感じたらいい。

今幸せであることと、未来に起きることとは何の関係もないことなんだ。

幸せを素直に感じてみよう。

あなたが幸せであることが、皆の迷惑になるとか不快な気分にさせるという間違った考えを持っている人もいるかもしれません。

周囲にそのような人がいたとしても、それはあなたの責任ではなく相手の問題なのだから、気にしなくてもいいんだ。

あなたが幸せであることと、他の人がどう受け取るかは別の話なんだよね。

あなたの責任は自分が幸せであると素直に感じることまでだと思うのです。

開き直ってしつこく自慢をしたらいいということではなく、嬉しいときは嬉しいと素直に感じようということ。

人目を気にして戒めるのではなく、自分の気持ちを素直に感じるようにしたらいいと思うのです。

幸せを素直に感じていると、些細なことでも幸福に感じ気持ちよく過ごすことが出来るようになります。

ウキウキした気分のときは、優しい気持ちになって人に接することが出来たり、些細なことでも幸せを受け取ることが出来るようになる。

無邪気に喜んでいる子供を見て「フフッ…」って思わず笑ってしまうように、あなたが幸せであることは周囲の人も明るい気持ちにしてくれるんだよね。

あなたが幸せであることは、誰の迷惑なことでもないんだ。

嫌なことがあってイライラ過ごしていても、嬉しいことがあれば気分転換になります。

幸せを素直に感じることが出来る人は、些細なことでも嬉しくなったりしてイライラした気持ちを引きずったりしないんだよね。

けれど、自分の気持ちを抑えてしまう人は、いつもしかめっ面でいることが自分らしい思ってしまう人もいるようです。

笑顔でいる自分が、なんだか自分らしくないと思っている人がいます。

それは、年甲斐もなく喜んでいたら人に笑われないかと思ったり、いつも真面目にしているから皆がビックリしないかと考えているからかもしれません。

けれど、いつもしかめっ面の人よりも、嬉しいときは素直に喜ぶ人の方が魅力的だと思うのです。

好きなことの為なら、自分が辛いと思うことでも我慢することが出来るときってありますよね。

食べたい料理の為なら、何時間だって並んで待つことが出来るという人もいるでしょう。

楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことは、それだけ自分を動かす原動力になるんです。

それを否定したり、くだらないと思うのは勿体ないことだと思いませんか?

フジモフは寒いのが苦手なのに、雪が降るのに写真撮影に行くことがあります。

美しい風景が撮れやしないかと期待して、寒いのが嫌なのにニコニコして出掛けて行きます。

傍から見たら矛盾しているように見えても、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことの為なら嫌なことだって出来てしまう。

どうしてこれだけのパワーを抑えたり否定したりする必要があるでしょう。

あなたが幸せであるかどうかは、どれだけ幸せを素直に感じとることが出来るかどうかだと思うのです。

あなたの周りにある小さな幸せを、もっと意識して探してみよう。

それが、あなたを幸せにしてくれる一つの方法だと思うのです。

幸せになりたいと感じている人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

ポジティブ思考になる方法 ~できたことに目を向けよう~

幸せの条件とは

幸せな人生にいらないもの