テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

人の期待に応えることばかり気にする

人の期待に応えることばかり考えて、自分のことを後回しにする人がいます。

自分のやりたいことを出来ないと感じて、ストレスを溜めてしまうことがあります。

周囲の人に嫌われないために、認めて貰うために、何とか期待に応えようと努力する。

人の期待を大きく捉えすぎて、楽をしてはダメだ、怠けてはダメだ、遊んではダメだと様々な制限を自分にもうけ、立派な人になろうとしたりする。

けれどそれでは生きづらいし、嫌なことがあると、「これだけやってもダメなのか!」とストレスが溜まって不満に感じたりするんだよね。

誰かがそうしろと言ったわけではないけれど、人の期待はこうだろうと考えて立派な人になろうとする。

けれど、本当はそんなことしなくてもいいのかもしれません。

あなたはもっと楽に過ごしてもいいし、立派な自分でなくてもいいと思うのです。

人の期待を想像して、周囲の人の評価を得ようとしたり好かれようとしてきたけれど、なんだか上手くいかないと思う人は、人の期待そのものを誤解しているのかもしれません。

ちゃんとしていないとガッカリされてしまうかもしれない、出来る人でないとダメな人だと思われるかもしれない。

こんなふうに考えて、出来るようにならないといけない、頑張らないといけないと思って必死に努力を続けようとする。

けれど、ちゃんとしてないとダメだと思っているのは、出来ないとダメだと思っているのは自分自身なのかもしれません。

あなたがダメだ思っていることは、他の人も同じようにダメだと思っているとは限らないんだよね。

ネコを見ていてホッとしたり憧れたりする人がいるように、もっと楽に過ごしていても、立派な人間じゃなくても、それでもあなたは魅力的な人間だと思う人がいる。

いつも我慢してイライラしている人よりも、程よく力を抜けるところは抜いて自然体でいる人の方が、一緒に居て楽に過ごすことが出来るんだよね。

あなたがダメだと思っていることは、本当は逆なのかもしれません。

自分がやりたいこと、楽しいと思うこと、面白そうだと思うことをやってみよう。

想像する他人の期待に応えるよりも、もっと自分を大切にしてあげた方がいいと思うのです。

人の期待の応えることばかりしてきた人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自分を後回しにする癖がある人は自分を大切にする時間をもうけよう

頑張れない自分が嫌いだという人へ

人から認めて貰うことより、自分が楽しいと思うことをしよう