本当は誰も悪くないという見方 ~犯人捜しをやめてみる~




私が悪いわけじゃないし、他の誰かが悪いわけじゃない。

こういう見方が出来るだけで、人間関係が楽になることがあります。

僕達は、自分が正しいとか、あいつが間違っているとか、物事をハッキリさせるうような、白黒つけるような考え方をしがちです。

けれど、上手くいかないことを誰かのせいにしたり、自分が悪いと落ち込んでばかりいても解決には向かわないんだよね。

「あの人が悪い」って言われたら、大半の人は「そんなことない」って自分を守りたくなるでしょう。

それでは問題解決に向かってコミュニケーションを取ることが難しくなるんだよね。

感情的には「あの人が悪い」って気持ちがあるかもしれない。

そう思うこと自体は悪いことではないから、感情を無理に抑える必要はないんです。

けれど、もしも選択する道があるのなら、自分や他の誰かを責めたり裁く道を選ぶより、自分が幸せに向かう道を選んだ方がいいと思いませんか?

 

あの人が…

自分が…

良いとか…

悪いとか…

正しいとか…

間違っているとか…

犯人捜しをするんじゃなくて、自分が幸せになるために今の自分に出来ることをすればいい。

 

あなたは悪くないし、他の誰も悪くはないんだ。

あるときやったこと、あるとき決めた選択は、いま思えば間違っていたということもあるかもしれない。

けれど、それで自分や人を責めたり裁いたりするのではなく、たとえ間違いがあったとしても、今の自分に出来る解決方法を考えたらいい。

他の誰かを変えることは出来ないかもしれないけれど、自分の対応の仕方や考え方を変えることは出来ると思うんだ。

 

自分の気持ちに素直になろう。

あなたは、本当はどうしたいんでしょう?

どんな状態になりたいですか?

それを実現するためには、どうしたらいいでしょう?

自分や人を責めたり裁いたりするのではなく、自分が幸せになるために今の自分に出来ることをしよう。

 

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポッチとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?