テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

人生で後悔してもやり直せるから大丈夫

「あの時こうしておけばよかった…」「あんなこと言わなきゃよかった…」僕達は人間関係・恋愛・仕事と様々な場面でこのように考えて「後悔」をします。

それは、誰かと別れたときかもしれないし、誰かが亡くなったときかもしれないし、何かで失敗したときかもしれません。

時計の針を戻してやり直せればいいのに思うけれど、そんなことが出来ないことはわかっているから余計に辛くなるんだよね。

過去に出来なかった自分を酷く責めて、「あの時こうしていれば…」「あんなこと言わなければ…」と、どうしても過去の自分に意識を向けてしまう。

けれど、それは仕方のないことなのかもしれません。

誰だって好きだった人と別れたり、大切な人が亡くなったり、大きな失敗をしたときは後悔してしまうと思うんですよ。

人は後悔しても仕方ないって言うけれど、人間そう簡単には立ち直れないですよね。

だから、フジモフは「後悔しても仕方ない」なんて無理にポジティブにならなくてもいいと思うんですよ。

「あの時こうしておけばよかった…」

「あんなこと言わなきゃよかった…」

僕達は人間関係・恋愛・仕事と様々な場面でこのように考えて「後悔」をします。

それは、誰かと別れたときかもしれないし、誰かが亡くなったときかもしれないし、何かで失敗したときかもしれません。

時計の針を戻してやり直せればいいのに思うけれど、そんなことが出来ないことはわかっているから余計に辛くなるんだよね。

過去に出来なかった自分を酷く責めて、「あの時こうしていれば…」「あんなこと言わなければ…」と、どうしても過去の自分に意識を向けてしまう。

けれど、それは仕方のないことなのかもしれません。

誰だって好きだった人と別れたり、大切な人が亡くなったり、大きな失敗をしたときは後悔してしまうと思うんですよ。

人は後悔しても仕方ないって言うけれど、人間そう簡単には立ち直れないですよね。

だから、フジモフは「後悔しても仕方ない」なんて無理にポジティブにならなくてもいいと思うんですよ。

もうこんな思いはたくさんだというくらい後悔したからこそ、自分を変えようという気持ちになることもあると思うのです。

これまで自分が選択してきた結果で後悔したわけだから、そこは受け入れるしかないんだよね。

けれど、これからの人生それだけでは終わらせたくないですよね?

後悔するだけで終わらせたくはないと思いませんか?

「あの時こうしていれば、こんな失敗しなくて済んだのに…」

「あんなこと言わなければ、彼(彼女)を傷つけずにすんだのに…」

あなたはこんなふうに考えて、出来たはずの事をやらなかった自分を責めてしまうかもしれません。

けれど、その時はそれが出来ないほど余裕がなかったりして、そうしてあげることが出来なかったんだ。

過ぎ去ってしまった事実は受け入れるしかないけれど、後悔している過去ではなく、「今」の自分に向き合うことは出来ると思うのです。

人を傷つけてしまったのなら謝ればいい。

仕事で失敗したのなら、次は失敗しないように工夫したらいい。

とりかえしがつかないと思っている過去に執着するのではなく、今の自分に出来ることから始めてみよう。

後悔はしてもいいけれど、それだけでは終わらせたくないよね?

だから「今」に注目してみよう。

あなたに出来ることが、きっとあるはずだ。

後悔することがあったときは、こちらの記事も参考になるかもしれません。

逃げてしまったと悩んでいる人へ

完璧主義は自分を苦しめる ~なんにでも100点を求めなくてもいい~

あの頃は良かったと昔のことばかり考えてしまう人へ