効率よく日常を過ごそうとしていませんか?

僕達は仕事をするときに、数ある仕事の中の優先順位を決めて効率よく進めようとします。

優先順位の高い仕事から取り掛かり、納期だったり、締め切りだったりに間に合うようにするため、アレもコレもと仕事を詰め込んで効率よく進めようとする。

沢山の仕事をこなそうとすれば、こうする必要があったんだよね。

けれど、日常生活にまで効率を求めて、一つの用事が終われば次の用事といわんばかりに忙しくしていては自分を休ませることは出来ません。

いつも何かに追い立てられるように焦って行動するのではなく、仕事から離れた普段の生活くらい、ちょっとペースを落としてみませんか?

普段の生活が忙しいと思っている人は、何をすべきかも大事なことかもしれませんが、もっと自分のペースを意識してみたらいいと思うのです。

普段の生活にアレもコレもと詰め込んで、全てを効率よくこなそうと頑張ってしまうとストレスが溜まってしまいます。

「忙しいから仕方がない」「やらなきゃいけない事が多いから仕方がない」とせわしなく動こうとする。

全てをひとりで効率よくこなそうとすれば、そうなってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

けれど、フジモフは自分のペースを守るために何かを諦めたり、他の誰かに任せてもいいと思うのです。

自分一人で全てを抱え込もうとせずに、人に頼ることも、諦めることも大切なことなんだ。

自分の心に余裕が持てるようにしよう。

100m走を全力で走ったら息切れしてしまうように、限界まで頑張ってしまったら疲れが出るのは当然のことでしょう。

そうではなくて、もっと肩の力を抜いてペースを落としてみるのもいいと思うのです。

少し余裕が持てるくらいのペースでいいんだ。

一生懸命頑張ることは立派なことだけれど、自分を追い詰めるほど「やるべきこと」を詰め込み過ぎたら日常生活を楽しむことなんて出来ません。

だから、少し余裕が持てるくらいのペースで、自分に出来ることをすればそれでいい。

「やらなきゃいけないこと」を中心に日常生活の行動を決めるのではなく、自分のペースで生きてみよう。

あなたは、もっと普段の生活を楽しんでもいいし、自分のペースを守るために自由に決めてもいいんだ。

自分が心の余裕が持てるように、出来ることから始めてみよう。

最近、余裕がなくなったなと感じている人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

頑張り過ぎない自分になる方法

人生は苦しいものだと思っていませんか?

心の疲れをとって心に余裕を持つ方法