会社の人と関わりたくない疲れたという人の対処法




会社での煩わしい人間関係に疲れてしったと感じる人は多いのではないでしょうか?

会社の人に嫌われると仕事がやりづらくなるから、同僚や上司には人一倍気を遣いながら接している人もいるでしょう。

こんなに辛い思いをするくらいなら、誰とも関わらないで生きていた方が良いと感じる人もいるかもしれません。

けれど、生きていれば人間関係を完全になくすことは難しいですから、あなたが人間関係の疲れから解放されるために、今から一緒に解決方法を考えみませんか?

 

独りの時間を大切にする

「誰とも会いたくない」「誰かと話す気分になれない」と感じて人と関わりたくないと思うときが人生にはある。

人間関係の悩みを抱えて疲れてしまい「そっとしておいて欲しい…」と感じることもあるでしょう。

そんなときは、自分が独りになることを自分で許してあげたらいいと思うんだ。

人によっては付き合いが悪いとか、協調性がないとか言われる事もあるかもしれないけれど、それでも自分の気持ちを大切にしてあげたらいいと思うのです。

 

あなたが独りになりたいと感じるのは、皆から孤立したいわけじゃなくて、人と距離を取って自分の気持ちを整理する時間が欲しいから。

だから、「みんなと仲良くしないといけない」「付き合わないと嫌われるかも」と余計なことは考えて自分を責めたりしないで、独りになろうとする自分を許してあげよう。

 

あなたは、人間関係のどんなところに疲れていますか?

あなたは、会社の人間関係をどんなふうにしたいと思っていますか?

 

「みんなと仲良くしないといけない」「付き合わないと嫌われるかも」と余計なことを考えて相手に合わせてしまうことばかり考えないで、自分の気持ちを大切にしよう。

 

自分本位に生きる

人間関係で疲れるという人は、自分の気持ちを素直に表現していない人かもしれません。

自分の意見を言うのは自分勝手で、周りの意見に合わせて行動することが人間関係を円滑にするためには必要なことだと考える人もいるでしょう。

だから、自己主張して場を引っ掻き回すのはわがままなことだし、職場の空気を悪くしないため、会社の人に嫌われないためにも必死に我慢をしようとする。

けれど、自分がやりたくないことや面倒事に使われるのを断れなかったり、自己主張せずに他人に合わせるようなことばかりをすると、人に雑な扱われかたをされるようになります。

人に嫌われないようにいい人を演じてきたつもりが、他人に軽く扱われてストレスが溜まるなんて我慢できないですよね?

全て自分の思い通りにすることはできませんが、自分を守るためにも、職場の人間関係でストレスを溜めないためにも「自分本位」に行動することも大事なんだよね。

 

「自分本位」に生きるというと我を押し通すような悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、そうではありません。

例えば、ふたりで旅行をする場合、あなたは旅先に京都へ行きたいと思っていたけれどパートナーが北海道が良いと言いだしたとします。

ここで、絶対に京都じゃないと駄目だと押し通すのが「自分本位」ということではなく、パートナーの提案で北海道もいいなと思えたなら北海道にしてもいいし、「やっぱり京都でしょ」と思ったら「私は京都が良い」と主張することです。

勿論相手がいることですから「今回は北海道にする代わりに、来年は絶対京都だよ!」という妥協案を提案してもいいし「時間があるから両方行こうよ」というのもいいでしょう。

相手のために身を引くということではなく、自分の意見を言ってお互いが納得して決める事が大事なんだ。

 

自分を大切にする

人間関係で疲れるという人は、自分の意思で目標や行動を決めているのではなく、他人の顔色を伺ったり気持ちを察しながら相手に合わせようとしている人かもしれません。

自分がどうしたいのかということではなく、相手がどう思うかを基準に行動を決めてしまう。

相手の気持ちを察して行動するのは良いことのように感じるかもしれませんが、その裏で自分の気持ちを抑えていたら、そりゃあストレス溜まりますよね。

他人の価値観や意見を優先して自分の意見を無視する生きかたは、自分で自分のことを雑に扱うようなものです。

鼻をかんだティッシュを丁寧に扱う人がいないように、人間も雑に扱われている人を丁寧には扱ってもらえません。

自分のことを雑に扱ってる人は、他人にも雑に扱われがちなんですよね。

 

もう、自分のことを自分で雑に扱うようなことはやめよう。

もう、自分をダメだと責めたりしないで許してあげよう。

 

みんなの期待に応えようと我慢するのではなく、「私はこういう人間なんだから、これでいいんだ」と自分のことを認めてあげよう。

他人の価値観に合わせるために生まれたわけじゃないのですから、もっと自分の気持ちを大切にしてあげたらいいと思うんだ。

 

おわりに

会社の人と関わりたくないと感じるのは、自分の気持ちを無視して他人の価値観に合わせてばかりでいたからではないでしょうか?

独りでいることも、嫌いな人と関わらないでいることも、やりたくないことを嫌だということも、全て自分で決めていいんですよ。

あなたの人生に対して他人は責任なんて持ってはくれないんですから。

あなたは、あなたが持っている心と身体で、これからも生きていかなければいけないんです。

他人があなたを見て良いだの悪いだの言ったとしても、それでもこれで生きていくしかないんですよ。

 

いいじゃないですか、他人と自分の価値観が違ったって。

いいじゃないですか、他人と自分の長所や短所が違ったって。

 

あなたの最大の理解者であり最高の応援者は自分自身です。

そのあなたが、自分の気持ちを抑え込んで我慢ばかりしていたら、人間関係で疲れて当然ですよ。

そうではなくて、「人は人」「私は私」と考えて自分の気持ちを大切にしていけばいいと思うんだ。

 



人間関係に疲れたと感じている人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

価値観がみんなと違ってもいい

コミュニケーションが苦手な人の対処法

人に振り回されてしまう人生を変える方法

 

 

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口

 

 

悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか?

お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。

こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?