サイトテーマの変更をしました。

怒りの感情はコントロールするものではなく感じるもの

怒りという感情は大きな力を持っていますから、ときに人は怒りの感情に飲み込まれてしまい制御不能の状態に陥ることもあります。

その怒りを他人にぶつけて場の空気が悪くなってしまったり、相手との関係がギクシャクしたりして自己嫌悪になることもあるでしょう。

誰だって大切な人を傷つけたくなんてないし、会社などの人間関係でトラブルになることは避けたいはずですから、人間関係を円滑にするためにも怒らないことが大事だと思って怒りそのものを禁止しようとする人もいるかもしれません。

 

例えば、外出先で嫌なことがあってイライラしたまま自宅に帰宅したときに、家族につらく当たってしまったり不機嫌な態度をとってしまい、自己嫌悪に襲われる。

家族は何にも悪くないのにつらく当たってしまって申し訳ない、いい大人なのに怒りをコントロールできずに幼稚な姿を見せてしまって情けないって自分のことを責めてしまうんだよね。

だからでしょうか、僕達は怒ることを「悪いこと」と考えて、自分の怒りを抑え込もうとしたり、コントロールする術はないかと考えがちです。

確かに自分の怒りをそのまま相手にぶつけてしまえば、関係がギクシャクすることもあるでしょう。

だけどフジモフは、怒りをそのまま相手にぶつけることには問題があると思うけど、怒りを感じることそのものを禁止しなくてもいいと思うんだよね。

 

怒りとはどんな感情か?

僕達は、自分の大切な人や自分自身を守るために怒りという感情を持っています。

怒りを感じたときは「あの人が酷いことをした!」「許せない!」と思ってしまいがちですが、その裏には自分の寂しさだったり、悲しいという思いだったり、大切な人やものが不当に扱われることを回避する気持ちが隠されているんです。

つまり、怒りという感情は、自分自身が大切に感じているものを教えてくれる感情なんだよね。

けれど、怒りの感情をそのまま相手にぶつけても、相手にはあなたが大切に思っていることが何なのかが伝わらないことがほとんどです。

怒りの感情は誰かにぶつけるものではなく、怒りを感じて自分が大切に感じているものを知ることが大事なんだ。

 

怒りは抑えつけると蓄積されていく

怒りの感情は抑え込もうとすればするほど大きく膨らんでいくものです。

何かがあったときに怒りを抑えつけて切り抜けることができたと思っても、心の中ではギュウギュウ詰の満員電車に人を押し込めるように怒りが蓄積していく。

怒りが蓄積されて余裕がない状況になると、些細なことでも感情があふれ出してしまい、後になって余裕のない自分を責めてしまうこともあるでしょう。

周囲に当たり散らす自分が嫌だと思い、さらに怒りを抑え込むようなことをすると、怒りを抑えつけることにエネルギーを使い果たしてしまい、クタクタになったり無気力になったりするんです。

だから、怒りの感情は抑え込むのではなく、感じることで「どんな事に怒りを感じているのか」を知ることが大事なんだよね。

自分の怒りを客観的に見つめることで、上手に怒りの感情と付き合うことができるようになるんだ。

 

怒りを感じ素直な気持ちを表現する

怒って上手くいかないと感じる人は、自分が怒りを感じることを許してあげることから始めるといいと思うのです。

感情に良いも悪いもないのですから、怒りを感じたときは悪いものとして遠ざけようとするのではなく、自分が怒ることを許してあげよう。

自分が怒ってしまうことを許すことで、怒りを感じる自分と向き合い隠された本当の気持ちを知ることができるんだ。

それは、愛して欲しいという寂しい気持ちかもしれないし、自分のことをわかってもらえないという悲しい気持ちかもしれません。

あなたが本当に伝えたいことに気付くことで、怒りという形ではなく素直な気持ちを相手に表現できるのではないでしょうか?

 

おわりに

怒りを表現することを「悪いこと」と感じて我慢することは、人間関係を円滑にすすめる方法ではなく自分の気持ちを殺す方法です。

怒りという感情は大きなエネルギーを発揮しますが、だからこそ抑え込むには膨大なエネルギーが必要になるんです。

怒りを抑え続けることで膨大なエネルギーを消費され続ければ、活力を失い無気力となってしまうかもしれません。

抑えつけた怒りは自分の心に蓄積し続けていきますから、怒りを我慢してばかりの人生では心の余裕を失ってしまい、些細なことでも感情をぶつけて周囲の人も自分自身も傷つくこともあるでしょう。

怒りとは限界まで我慢して相手にぶつけるものではなく、怒りを感じることを許し自分の怒りに隠された本当の気持ちを知ることが大事なんだ。

怒りの感情をぶつけられても、周囲の人は戸惑うばかりで本当の気持ちは伝わらないよ。

あなたが素直な気持ちを表現することで、周囲の人にも気持ちを理解してもらうことができるんだ。

怒りは我慢したりコントロールしようとするのではなく、怒りを感じて素直な気持ちを表現しよう。

 



怒りを抑え込んでイライラしてしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

職場のイライラでもう限界!仕事中のイライラを解消する方法

どうしても許せない人がいるときに出来ること

「自分さえ我慢すればいい」は上手くいかない


 

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口

 

 

悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか?

お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。

こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング