我慢すれば良いことがあるは本当か?




あなたは、自分を犠牲にして耐え忍ぶことで、いつかきっと報われる日が来ると信じて我慢していませんでしたか?

他人を優先させて自分のことを後回にして、自己犠牲のもと辛いことを必死に我慢する。

両親のため、夫(嫁)のため、子供のため、自分を犠牲にして辛いことも文句を言わずに我慢する人は立派な人なんだと思ってきたし、大人になれば皆が同じようにならないといけないんだと思ってきた…

 

私が我慢すれば上手くいく。

みんな同じように我慢してるのだから仕方がない。

 

こんなふうに考えて、我慢することが「普通」のことだと考えて、耐えられないのは甘えているからだと思ってきたのではないでしょうか?

たしかに人生の中では我慢が必要なこともあるし、全て自分の思い通りとはいかないでしょう。

けれど、感情は我慢することでどんどん心に溜まっていってしまいます。

机の引き出しを整理せずに物を入れていくと、やがて物を入れる余裕がなくなって溢れてしまうように。

感情は見えないものだから本人も気づかないところで、どんどん心の余裕が無くなっていくんだよね。

感情が溜まって心の余裕がなくなると、些細なことで感情的になってしまったり、他人に嫌味っぽくなったりして、「どうしてあんなことしたんだろう」って自己嫌悪に襲われたりする。

我慢できないことで感情を相手にぶつけてしまっては、自分も相手も傷つけてしまうことになります。

人生には我慢が必要なこともあるのですが、我慢し過ぎることは自分のためにも周囲の人にも良いことではないんだ。

 

我慢すべきかそうでないかの区別がつかない人は、我慢が自分を助けているかそうでないのか考えてみると良いかもしれない。

我慢することで自分のためになると思えるのなら我慢もいいでしょうが、我慢しても苦しくなるだけなら考え直すことも必要かもしれません。

あなたが我慢していることを相手は気づいていないかもしれないし、溜まった感情をぶつけるという形では相手も素直に受け入れることはできないでしょう。

だから、自分が感じたことと相手にどうして欲しいという気持ちを素直に伝えるといいと思うんだ。

例えば、人に酷いことをされたと思ったら、「〇〇さんに〇〇のこと言われて心にグサッときたから言わないで欲しい」とか「〇〇さんに〇〇されて悲しい気持ちになったから、次からはこうしてほしい」と言ってみよう。

「こんなこと言ったら嫌われるかな」と考えてしまうかもしれませんが、限界まで我慢して相手を責めたくなったり八つ当たりしてしまえば、お互いのためにならないのではないでしょうか?

自分の気持ちを素直に伝えることは、相手を傷つける行為ではありません。

お互いが気兼ねなく楽な関係でいられるための、大切なコミュニケーションなんだ。

だから、自分の気持ちを抑え込んでしまうのではなく、自分の素直な気持ちを伝えてみよう。

 



ついつい我慢しがちという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

怒りの感情はコントロールするものではなく感じるもの

不機嫌な自分の機嫌を取る方法

私は私のままでいい

 

 

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口

 

 

悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか?

お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。

こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?