テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

ジャッジするより素直な気持ちを受け止める

僕達は、自分の気持ちを誰かに受け止めて貰えたと実感することで、ホッとしたり安心した気持ちになることができます。

「そうだったのか…」「それは辛かったね」と自分の話を聞いてもらえるだけで、「私のことをわかってもらえた」とか「気持ちを受け止めて貰えた」って思えるんだよね。

これが、「こうじゃないといけないのに、どうして出来ないんだ!」とか「能力がない」とかいって責められたらどうでしょうか?

自己否定ばかりされたら誰だって辛い気持ちになるし、自分に自信を持てなくなると思うのです。

自分を甘やかさないためにも、自分の可能性を諦めないためにも、自分に厳しく接することが必要なこともあるかもしれません。

けれど、自分を否定ばかりして追い込んでしまったら心が辛くなるばかりだと思うのです。

そうではなくて、「私はこう思っているんだな」とか「本当はこうしたかったんだな」と自分の気持ちを受け止めてあげるといいと思うんだ。

自分の素直な気持ちを聞いてあげて、自分の価値観に照らし合わせて良いとか悪いとかジャッジするのではなく、自分の素直な気持ちを受け止めてあげる。

「こうあるべきだ」「こうでなければいけない」と自分に対する扱い方が否定的なものだったのなら、自分の価値観に合わない現状になったら自分を否定するしかなくなるし、他人のことも許すことができなるなると思うんだ。

例えば、誰とでも仲良くしないといけないという価値観を持っていたら、苦手な人とも嫌いな人とも無理に仲良くしようとするかもしれません。

苦手だなと思っている人と無理に付き合とうして、仲良くなれない自分をコミュニケーションが下手だと自分を責めてしまうこともあるでしょう。

会社の人とは仲良くしておかないと困ったときに助けて貰えないからとか、ご近所さんと仲良くしておかないと日常生活でのストレスが増えると考えて、思うようにいかない自分を責めたくなってしまう。

他人に素っ気ない態度をしたり、積極的に他人とコミュニケ―ションをとらない人を責めたくなることもあるでしょう。

けれど、そこで自分が良いだの悪いだのジャッジするのではなくて、「私は誰とでも仲良くしないといけない」「人と仲良くしていないと将来困る」と思っていたんだなって自分の素直な気持ちを受け止めてあげよう。

あなたが自分の素直な気持ちを受け止めてあげることができたときが、自分で自分を否定しない人生の最初の一歩です。

あなたは、もっと自分に優しくなってもいいし、自分の気持ちに寄り添ってあげたらいいと思うんだ。