「しらんがな」といえる大切さ 自分の行動の善悪は自分で決める




他人の言うことにハッキリ「嫌だ」と言うのは、なかなか勇気がいりますよね。

そんなこと言ったら「嫌われてしまうかもしれない」「わがままだと思われるかもしれない」と思い言い出せなかったりする。

けれど、他人の意見を断ることは罪ではないし、自分の意思を知ってもらうためには必要なときもあるんだよね。

 

「お前はこうするべきなのに、どうしてしないのか?」とか

「そんなことやっていいと思っているのか?」とか

「みんながお前みたいなことしたら、どうなると思う?」とか

 

世の中いろんなことを言ってくる人がいるけれど、「そんなこと知らんがな」と答えていいときって沢山あると思う。

周囲の人は自分の価値観で「こうした方が良いのに」と言うけれど、そのとうりにしたからといってあなたの人生に責任を取ってくれるわけじゃない。

あなたの人生はあなたのものなのだから、自分の行動の良し悪しの判断は他人がするものではなく自分でするものなんだ。

 

あなたがテレビやインターネットを見て自分なりの感想を持つように、あなたの行動に他人が勝手な感想を持つのは自然なことです。

他人が持つひとつひとつの感想に合わせることはできないし、できないことを無理にしようとすると生きることがしんどくなるんじゃないでしょうか?

他人の言うことを真っ向から受け止めて、なんとかしようと右往左往した挙句に追い詰められて疲れてしまったら元も子もありません。

みんな価値観が違うのだから、あなたの行動についての解釈なんて人それぞれ違って当然だし、皆の解釈に合わせようとしたって出来るものではないんだよね。

あなたの行動に対して他人がどんな感想を持つかなんて自分ではコントロールできないことだから、心の中で「そんなの知らんがな」と受け流してしまってもいい。

人生では他人の価値観を押し付けられる事もあるかもしれないけれど、「なるほど」と思うのか「私には合わない」と思うのかは自分で決めることなんだ。

 

人間関係を円滑にするためには相手の気持ちを考えることも大事だけれど、やり過ぎると相手に合わせることしか出来なくなるし、自分の行動を自分で決めることが出来なくなってしまいます。

自分の行動を他人に決められてしまうのは窮屈な生き方だし、自信を持って生きることが難しくなってしまうと思うんです。

大切なのは、自分の行動の良し悪しは自分で判断するということ。

相手の意見を尊重することは悪いことではありませんが、自分がどうしたいのかを大切にするといいと思うのです。

 



他人の評価が気になる人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

真に受けない

人目を気にし過ぎると生きづらくなる ~自分のために生きる~

人は人自分は自分と考えると人に振り回されなくなる

 

 

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口

 

 

悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか?

お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。

こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?