なんだか元気が出ない疲れたなと思ったときの解消法




元気が出ない日は誰にでもあるものですが、出来れば短期間で解消したいと思うものですよね。

仕事で失敗して落ち込んでしまったり、職場の人間関係に疲れてしまったり、不安や悩みがあってクヨクヨ考え過ぎてしまったりして「なんだか元気が出ないな~」とため息をつきたくなる。

肉体的に疲れているのなら休めば回復することが出来ますが、精神的に疲れて元気が出ないときは休息を取ってもなかなか回復しませんし、アレコレ考え過ぎてしまって余計に疲れてしまっということもあるでしょう。

元気がない状態が長く続くと、なにをするにも億劫になったり、問題があっても解決しようとする意欲をなかなか持てなくなって「ダメな奴だな」とか「情けないな」と考えて自分で自分のことを責めてしまうんだよね。

 

なんだか元気が出なくて疲れたなと感じている人は、自分のやりたくないことを「やらなきゃいけない」と思って頑張ってきた人かもしれません。

嫌なことを続けようとすればするほどマグマのように不満が蓄積していくなかで、「どうして私が…」「こんなことしたくない」と不満な気持ちが湧くたびに「やらなきゃいけない」「がんばらなくちゃいけない」と、まるで悪人を取り押さえるように必死に自分の気持ちを抑えつけようとする。

不満はどんどん溜まっていく一方だから、気持ちを抑え込むことに自分のエネルギーを使い果たしてしまいクタクタになってしまうんだよね。

自分の気持ちに嘘をつくということは、それだけ自分のエネルギーを非効率に使うことになるんだ。

だから、やりたくないことを「やらなきゃいけない」と必死に頑張るのではなく、「やりたいこと」をやったらいいと思うんだ。

 

あなたがやってみたいと思うことは何ですか?

あなたの好きなこと、興味があること、面白いと思うことは何でしょう?

 

あなたが、好きなことをやっているときは「なんだか疲れた」とは思わないでしょう。

むしろ、やればやるほど活力が湧いてきて、いきいきとしてくるのではないでしょうか?

嫌なことを無理矢理続けるということは、自分の気持ちを否定して「やる気」を奪っていくやり方です。

そうではなくて、自分のやりたいことをやってみよう。

 

自分のやりたいことがわからないという人は、リスクの少ないところから嫌なことをやめてみよう。

嫌なことを辞めるというと、仕事を辞めるとか、誰かと別れるというような大転換をはかろうとしがちだけれど、意外と自分の嫌なことってわかっていないことが多いんですよ。

会社にいる特定の人間関係が嫌なだけなのに仕事が嫌だと思ったり、プライドが原因で素直になれずに別れようとしたりして、後悔してしまうこともあるんだよね。

だから、自分が本当に嫌だと思ていることを知るためにもリスクが少ないことからやめてみよう。

大切なのは、世間一般の常識や人目ではなく自分を大切にしてあげるということ。

あなたは、もっと自分に優しくなってもいいし、自分のことを大切にしてあげたらいいと思うんだ。

 



なんだか元気が出ないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

嫌なことはやめてもいい

自分に優しくするってどうしたらいいの?

自分を好きになることが幸せへの最初の一歩

 

 

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口

 

 

悩みを解決するための糸口を、フジモフと一緒に勉強してみませんか?

お悩み解決に役立つ情報を毎週金曜日にお届けする、無料のフジモフ公式メールマガジン登録者募集中です。

こちらのフォームよりいつでも登録・解除出来ますから、興味のある方はお気軽ご登録ください。

 

 

役に立ったという人、役に立たなかったという人も

応援してやるかと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング




ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?