自分へのジャッジをやめると自分らしくなれる




僕たちは、自分の行動や思いに「善か悪か」「良いか悪いか」とジャッジすることがありますよね。

例えば、嫌いな人のことを「あんな奴酷い目にあえばいいのに」と思った後に、こんなこと考えてはいけないと湧き出した気持ちを抑えようとするかもしれません。

例えば、些細なことで傷ついてしまう自分を「弱いままではいけない。強くなるべきだ」というような欠点を改善することを考えることもあるでしょう。

一見すると相手に酷い考えをする自分をいさめたり、自分の欠点を克服することは良いことであって悪いことではないように思う人もいるでしょう。

悪い感情を退け自分を成長させるような、自分のためになることだと思うこともあるかもしれません。

けれど、こういう考え方には「自分のここが悪い」「ここが欠点だ」と考えるような、自分で自分の粗探しをする考え方につながる恐れがあるんですね。

欠点を何とかして克服しないと「いけない」と考えて、「ここが悪い」「あそこがダメだった」と自分のことを辛口に批評するような完璧主義になってしまう。

出発点が「ここが悪い」「ここがダメだ」という自己否定から始まりますから、思うような結果が出なかったときに「やっぱり私はダメなんだ」という思いにとらわれてしまうかもしれません。

これでは、いつまでたっても自分に自信を持つことができませんし、自己否定から自己否定で終わる行為は自分で自分ををいじめるようなものではないでしょうか?



自分のことを「ここが悪い」「ここがダメだ」とジャッジするのではなく、自分のことを許して受け入れてあげよう。

嫌いな人のことを「あんな人は酷い目にあえばいいのに」と思ったら、そんなこと考えてはいけないと抑えたりしないで「あの人のことを酷い人だと思っているんだね」と自分のことを慰めてあげる。

弱いところがある自分を克服して無理に強い自分になろうとするのではなく、そんな自分を許して受け入れてあげるといいと思うんだ。

そんなことしたら自分が弱くなるとか、ダメになってしまうと感じる人もいるかもしれません。

けれど、自己否定からでは人間なかなか動くことができないんですよ。

嫌いな人への感情を無理やり抑えてしまうと嫌な気持ちが和らぐどころか強くなってしまいますが、ノートに本音の気持ちを書くなり吐き出してあげることでスッキリして、嫌な気持を手放すことができることもあるんですね。

僕たちは、世間一般的な考え方で「善悪」を考えてしまいがちですが、心の内面から自然と湧き出る感情を「こうあるべき」「こうじゃないとだめだ」という外的な価値観で縛ることはできないんです。

だから、自分のことを否定するのではなく、自分の感情を大切にして許し受け入れてあげるということが大事なんですね。



自分のことを世間一般的な価値観で「良い」「悪い」とジャッジするのではなく、いたらないところがある自分も許し受け入れてあげよう。

あなたがしている「善悪の答え合わせ」は、立派な模範解答であってもあなた本来の姿ではありませんよね?

世間一般的な価値観に基づいて、自分のことを「良い」「悪い」と判断しているのではないでしょうか?

答え合わせが〇ばかりなら苦労もないのかもしれませんが、✖ばかりでは自分のことを追い詰め心が苦しくなってしまうでしょう。

そうではなくて、立派な自分じゃなくても、誇れる自分じゃなくても、「それでいい」と自分のことを受け入れてあげることができた時が自分らしく暮らせるときです。

あなたは、もっと自分に優しくなってもいいし、自分のことを受け入れてあげるといいと思うんだ。






自分のことをジャッジしがちだという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自分を好きになることが幸せへの最初の一歩

嫌なことはやめてもいい

自分に優しくするってどうしたらいいの?



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口









ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?