テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

自分の心の弱さや欠点との向き合い方

自分の弱さや欠点って、なかなか認めることができないものですよね。

特に「職場の部下」や「子供」など自分の立場より下と感じる人と接するときや、「面接」など自分をアピールしないといけないときは自分の弱さや欠点を隠したくなるものです。

あるいは、弱い自分ではいけない、欠点があってはいけないと「出来ていること」より「出来ていないこと」にばかりフォーカスして、自分を否定してしまう人もいるでしょう。

自分の弱さや欠点を克服しようと努力することは悪いことではないのですが、自分の弱さや欠点を嫌うあまり、他人に指摘されることを恐れて人との関りを過剰に避けてしまったり、自分を偽ってしまうようでは辛い人生になってしまうのではないでしょうか?

あなたは、「弱い自分」「欠点のある自分」には魅力なんてないと思うかもしれませんが、弱いからこそ親近感が湧くこともあるし、欠点があるからこそ魅力的になることもあるんですよ。

自分と同じ弱さを持つ人が頑張っている姿を見たら応援したくなるし、すきのない完璧な人だと近寄りがたいけど、どこか欠点がある人には安心感をもって魅力的に感じませんか?

弱さや欠点は自分の足を引っ張る悪いものではなく、自分を魅力的に見せてくれる引き立て役なんですね。

だから、自分の弱や欠点ばかり気になって「自分のことを好きになれない」「誰も私のことをわかってくれない」と感じている人は、「自分の弱さや欠点を受け入れるって、そんなに悪いことじゃないんだ」と思って受け入れてあげるといいと思うんだ。



弱さを受け入れろと言われても、弱さを見せることによって人に責められたり、指摘されてしまうことがあるから、弱さを受け入れるなんて出来ないと思う人もいるかもしれません。

人間って自分の弱さを許さないでいると「弱い人が嫌い」「甘えている人が嫌い」となってしまいがちですから、他人にも自分と同じように「弱いままではダメだ」と言ってしまいたくなるものなんです。

あなたの弱さをことさら指摘する人が周囲にいる場合は、あなたと同じように「自分の弱さ」を許していない人なのかもしれませんね。

けれど、それはあなたの問題ではなく相手の問題ですから、他人の問題で自分の行動を変える必要はないですよね?

あなたが自分の弱さを受け入れることと、他人がどう思うかは別の問題なんですから、関係ないことを繋げて諦める必要はないんですね。



自分の弱さを「受け入れられない」と思っていると、自分に自信のなさを隠すために強い自分を演じてしまったり、自分の弱さを見せたくないと人を避けてしまったり、人の許しを得るために「私はダメな人なんです」と弱さをことさら強調してしまったりすることがあります。

弱さや欠点を嫌うことは「克服しよう」と努力するきっかけにもなるのですが、自分を嫌ってばかりでは「自分で自分をいじめている」ようなものですから、自分への不満だけが溜まって「自分を偽ったり」「隠そうとしたり」「人に許しをもらおう」として上手くいかないんですね。

弱音を吐いたり、弱さを出すことはダメなことと思う人もいるかもしれませんが、弱さを隠したり否定することによって自分を追い詰めることもあるんです。

強いことが「良いこと」で弱いことが「悪いこと」ということではなく、「強さ」も「弱さ」もどちらも自分にとって大切なものなんですね。



世の中には完璧な人なんていませんから、あなたに弱さや欠点があったっていいんだ。

社会のいろんな制約がある中では、自分の思い通りにならないことだってあるでしょう。

一人ではどうしようもないことだってあるし、今ならできることでも当時の自分には出来なかったということもあるかもしれません。

僕達は、そのときに出来ることをするしかありませんから、頑張ってみたけど上手くいかなかったということだってあるんだよね。

そういう意味では、これまでの人生で自分にできることは全てやってきたと言えますから、責められるようなことなんて何一つしていない筈なんです。

そうでありながら、ここがダメだったとか、ここが悪いだなんて自分を責めていたら自分がかわいそうじゃないですか。

あなたが、受け入れられないと思っていた弱さや欠点は、あなたの個性であり魅力の1つです。

あなたに弱さや欠点があるからこそ、人はあなたに親近感をもったり、魅力を感じたりするんだ。

だから、自分の弱さに「それでいい」とOKを出して受け入れてあげよう。






人と一緒にいてクタクタになってしまう人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自分を好きになることが幸せへの最初の一歩

嫌なことはやめてもいい

自分を好きになるために成功体験はいらない



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口