「孤独」や「ぼっち」は恥ずかしいこと?




ひとりでいることを「孤独」であるとか「ぼっち」だとか言って、どこか恥ずかしいことのように言われる風潮が世の中にはありますよね。

あるいは、一人でいることを「寂しい」というようなネガティブな感情に結び付ける人もいるでしょう。

外食したり、観光スポットに行ったり、ライブに行ったりなど、人が集まるところに一人で行くことを「寂しい人」「友達がいない人」と思われやしないかと人目を気にして恥ずかしいと感じたりする。

ひとりでいることを「恥ずかしい」とか「みじめ」だと思っていれば、そんな姿を人に見られたくないと思うのは当然のことですから、孤独でいることを避けようとしたり、隠そうとすることもあるでしょう。

けれど、それが原因で「人に嫌われないようにしよう」と周囲に合わせて生きたり、「仲間外れにならないようにしよう」と良い人になろうと相手の顔を伺うことばかりしていたら人間関係で疲れてしまいますよね。

だから、人生において孤独を恐れずに楽しむ余裕を持つことは、自分らしく人と関わるために必要なことなんですね。

孤独であることを恐れなければ、必要以上に人に嫌われないようにしようとしなくてもいいし、皆から仲間外れにされないように良い人になろうする必要もありません。

孤独を楽しむといういうと殻に閉じこもってしまうような自閉的なものをイメージする人もいるかもしれませんが、人と一緒にいても楽しいし、一人でいても楽しいというような、自分らしく人と関わる楽な生き方なんだよね。



孤独を楽しむということは、自分と向き合う時間を自分に作ってあげることでもあります。

誰かと一緒にいれば会話を楽しんだり何かを共有することができますが、自分のことを観察して知ろうとしたり考えたりするには不向きですから、自分のこと知るチャンスをミスミス逃すことにもなります。

自分の特徴や考え方がわからなければ、就職のときなど人生の節目で大事なことを決めるときに「自分に向いていることがわからない」とか「自分がどうしたいのかわからない」といったぐあいに迷ってしまうんですね。

「ぼっち」の時間があることは決してネガティブなことばかりじゃないから、恐れたりせずに積極的に時間を作ってあげたらいいと思うんだ。

一人だからこそ出来ることもあるし、みんなといるからこそ出来ることもあると思って、どちらか一方だけに寄り過ぎないようにしよう。



僕達は、周りにいる人みんなが同じ人間だと思いがちですが、一人一人が違う価値観や考え方をしています。

得意なことも違うし、苦手なことも違うし、好きなことも違うし、嫌いなことだって違うんだ。

現代人は何かを買い物するときも人の意見を見たり聞いたりするように、客観的な物差しを基準に行動することに慣れ過ぎているけれど、物事をどう見るかなんて「自分がどう感じたか」で受け止め方が変わから、みんなが良いと言っているものでも、あなたが「そうかなぁ」と思ったら、あなたにとってはそれが真実なんだよね。

だから、自分のことを知ることって周囲の意見に振り回されないためにも大切なことなんだ。

自分のことがわかれば「あの人はこういう考え方だけど、私はこっちのほうが合ってる」といったぐあいに、自分の意見を信じて貫くことができます。

自分のことがわからないと「あの人はこう言っているけど、この人はこう言ってくるから、どうしたらいいかわからない」といったぐあいに、周りの意見に振り回されてしまうんだよね。



自分のことを知るために、一人でいる時間を大切にしよう。

自分と向き合い、どんなことが好きで、どんなことが嫌いで、どんなことが得意で、どんなことが苦手なのか考えてみよう。

「孤独」や「ぼっち」は恥ずかしいことではありません。

自分と向き合うための大切な時間なんだ。



一人でいることをネガティブに考える人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

正解を求め過ぎて最初の一歩を踏み出せない人へ

誰からも嫌われたくない皆に好かれたいと思ったときの対処法

人をどう思うかは心のフィルターで決まる



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口








ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?