日常生活に楽しみを持とう

僕達は、努力をするときに「これがあるから頑張れる」ということがありますよね。

例えば、仕事が終わったら贅沢なご飯を食べに行こうとか、週末の休みは好きな趣味を存分に楽しもうとか、大切な家族や友達と触れ合う時間を楽しもうといった具合に、日常生活の中に楽しみがあるから頑張れるということがある。

ただただ、頑張る毎日を暮らす人生では辛くなってしまいますが、日々の生活の中に「こんな楽しみがある」「次はどうしよう?」と考える余地があれば、日常生活に努力と楽しみのメリハリが出来て日々の暮らしが充実してくると思うのです。

毎日が辛いことばかりでストレスを溜めていては、何かを楽しもうとする意欲さえ失ってしまうかもしれません。

充実した人生を楽しむためにも日常生活に楽しみを持とう。

日常生活に楽しみを持つことは大切なこと

僕達は、普段の通勤では歩くことが面倒だと感じていても、買い物のときに欲しいものを選ぶときは何時間でも歩けるものですよね。

楽しいことに夢中になる時間は「面倒」「辛い」と感じることでも、苦も無くできてしまうどころか「楽しい!」とさえ感じることあるでしょう。

それだけ自分が心から楽しいと感じることをするのは、自分に凄く好影響を与えることなんです。

そんな「楽しいこと」「夢中になること」が日常生活の中であれば、日々の暮らしも充実してくるのではないでしょうか?

日常生活に楽しいことがあれば、毎日を楽しみにすることが出来ますし、明日はどうしようと色々なことを考えることが出来ますよね。

「こんな楽しみがある」「あんな楽しみ方がある」と先のことを楽しみにすることで、ワクワクしたり、楽しみだなと思ったり、ウキウキした気持ちになることができる。

だから、自分の「好きなこと」「やりたい事」を考えたり、やってみることって大切なことなんですよ。

日常生活がつまらない、何の楽しみもないと思っている人は、自分の好きなことや、やりたいことを考えて実際にやってみよう。

日常生活の楽しみは「人は人」「自分は自分」でいい

「日常生活の楽しみ」は、自分が心から楽しいと思う事が大切ですから、特別なことじゃなくてもいいんです。

誰もが納得するような立派なことじゃなくても、他人が聞いたら「そんなことで楽しいの?」と疑問に思うことでも、自分が「楽しい」と感じたことなら、それが正解です。

みんながやっているから、付き合いだからと余暇に「みんながやっている楽しいこと」をしていても心から楽しむことは出来ません。

「人は人」「私は私」と考えて、自分の気持ちを大切にすることが大切なんですね。

食べることが好きなら食べ歩きするのもいいでしょうし、ゲームやアニメが好きなら、好きなだけ見たりプレイしたらいいし、スポーツが好きなら仲間を集めて楽しむのもいいでしょう。

大切なのは「楽しみにできること」を、次はどんな風に楽しもうと考えたり、実際にすることなんだ。

毎日できることじゃなくても、毎週楽しみにできることや、毎月楽しみにできることでもかまいません。

自分に出来る範囲で楽しむことが大切なんですね。

終わりに

毎日の楽しみって、意外と意識していないでやっている人も多いかもしれませんね。

毎日のように楽しいことをしているけれど、習慣になっていることだから当たり前に思えて「楽しい!」って気持ちが薄れていることもあるでしょう。

だから、余暇に自分がどんなことをしているのか認識することって大切なことなんですよ。

自分にはこんな楽しみがあるという「自分の楽しみ」を知ることが出来れば、それを楽しみに努力することも出来るんですね。

本当は毎日楽しいことをやっているはずなのに、「自分には何もない」「毎日がつまらない」と思っていたら勿体ないと思いませんか?

自分が余暇にどんなことをしているのか思い出してみてください。

意外と楽しんでいることを知ることが出来るかもしれませんし、悪い癖がついていると気付くこともあるかもしれません。

大切なのは「楽しみにできること」を、次はどんな風に楽しもうと考えたり、実際にやってみることです。

毎日を充実したものにするために、日常生活に楽しみを持とう。

日常生活に楽しみがないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

人生つまらない何の楽しみもないと思ったら

嫌なことはやめてもいい

自分に言い訳すると幸せから遠ざかる

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口