テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

朝から元気が出ない、無気力だという人へ

どんな人でも社会で生きていくには、良いことばかりとはいかないものですよね。

例えば、辛い仕事に毎朝行かなくてはいけなかったり、面倒な人間関係に辟易したり、嫌なことを延々と考えなくてはいけない事があってクタクタに疲れてしまったりする。

そんな毎日を続けていくと、なんだか心が疲れてしまって「朝から元気が出ないな」「やる気が出ないな」と感じる人もいるでしょう。

こういうときって、辛いことなんてなければ良いのに思うけれど、どんなに上手に生きたって辛いことや嫌なこと全てを回避することは難しいから、嫌な気持ちを引きずらないことって大事なことなんですよね。



世の中には「嫌な人だなぁ~」と思う人や「なんで自分ばっかり」と嫌な気持ちになることもあります。

その一つ一つを数えて「どうして私には、嫌なことばかりがあるんだろう?」といつまでも考えていると、誰だって気持ちがまいってしまうしクタクタに疲れてしまいます。

だから、心を疲れを上手に発散させるためにも、「好きなこと」や「楽しいこと」を見つけて上手にストレスと付き合っていくことが大事なんですよ。

「楽しいこと」「夢中になれること」を探して見つかれば、嫌なことがあっても気持ちを切り替えることが出来ます。

自分にはこんな楽しみがあると知っていれば、嫌なことがあっても「好きなこと」「楽しいこと」をして気分転換をすることで「また明日頑張ろう」と思えるんだよね。



僕達は、「このままではいけない」「私は、ダメな人間だ」と自分のことを否定的に考え、叱咤激励して自分に無理に無理を重ねさせることがあります。

自分の好きなことや楽しいことがわからないと思ったり、そんなことしている暇なんてないと感じている人もいるでしょう。

そういう人は、自分のことを甘えさせることが下手な真面目な人なのかもしれません。

たしかに、社会で生きていくためには努力が必要なこともあるでしょうし、ここが人生の踏ん張りどころというときもあるでしょう。

けれども、いつでもそうである必要はない筈です。

辛いこと、嫌なこと、疲れることがあるのに、「頑張らなくちゃいけない」「そんな暇なんてない」と自分に厳しくし過ぎるのは、自分で自分をいじめているようなものではないでしょうか?



全力疾走した後に100mを走るのと、疲れの無い状態で走るのとではタイムが違うように、 どんな人でも疲れが溜まれば効率は下がるし、努力するにも限界があるものです。

一生懸命に努力することは大切なことですが、頑張り過ぎてしまうと心も身体も疲れてしまって「何もしたくない」と無気力になってしまうこともありますから、上手に自分のことを甘やかしてあげることって大切なことなんですね。

辛いことや悲しいことばかり考えていたら気が滅入ったりクタクタに疲れてしまうけれど、「好きなこと」「好きな人の事」「楽しいこと」「面白いこと」を考えていたら気持ちもワクワクしてきます。

楽しい気持ちで毎日を過ごすことが出来るなんて、これほど良いことはないと思いませんか?

だから、「もっと頑張らないと」「そんな暇はない」と自分に叱咤激励ばかりしていないで、日常生活を楽しむ自分を許してあげよう。


そんなに、自分のこと追い込まなくても大丈夫だから

限界まで無理をしなくても心配ないから

上手に自分のことを甘やかしていこう


あなたが、朝から元気が出ないと感じるのは、嫌なことを頑張り過ぎてきたからかもしれません。

自分の好きなことや楽しいことを見つけて、嫌な気持ちに浸らないようにすることは、自分の心を健康に保つためにも必要なことです。

辛いことや嫌なことを一つ一つ数えて「私には、嫌なことばかりが起こる」と不幸な気持ちに浸らないで、自分の好きなことに夢中になってみよう。




朝から無気力になりがちな人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自由に生きるということ

嫌なことはやめてもいい

嫌な気持ちに浸らない方法



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口