人生は慌てず焦らず落ち着いてやるといい




僕達は、先が見えずに気持ちばかりが焦ってしまうことがありますよね。

仕事を早く終わらせようと焦って失敗してしまい余計に忙しくなったり、不安で転職先を焦って決めてしまい後悔してしまったり、なれない事に緊張して焦ってしまい失敗を繰り返してしまったり、何事も焦りを感じて慌てて行動すると、良いことなんて何もありませんよね。

とはいえ、焦っても良いことはないと頭ではわかっているんだけど、「焦っちゃいけない」「慌てちゃいけない」と自分に言いきかせるように考えれば考えるほど余計に焦ってしまうということもあるでしょう。

どんな時でも焦ってしまうと不都合な結果を誘発しやすいですが、焦っているときは一生懸命ですから、気持ちを切り替えようとする発想さえ浮かばずに上手くいかなかった分を挽回しようと余計に上手くいかなかったりするんだよね。

今日は、気持ちが焦ってしまい思うようにいかないことが多いと感じる人が、どのように過ごしたらいいのかを考えてみたいと思います。



焦る原因を知り対策を立てる

僕達は、焦った気持ちになると視野が狭くなって周りが見えなくなってしまい、自分が望むような結果から余計に遠ざかることがありますよね。

例えば、仕事でも焦って行動するとミスを誘発することがありますし、サービス業の場合はお客さんに不安を与えてしまうかもしれません。

人生のなかでも再就職先を決めるのに焦ると希望する職種に就くことが出来ずに、こんなはずじゃなかったと後悔することもあるでしょう。

仕事や人生が思うようにいかなくなると、未来を悲観的に感じて自暴自棄になったり、イライラした気持ちを大切な人にぶつけてしまい自己嫌悪におちいってしまうような悪循環におちいってしまうこともあるかもしれません。

悪循環を断ち切るためには、焦ってしまう原因を知り対策を立てることが大事になりそうです。

例えば、毎朝時間に追われて慌ただしい気持ちになる人は、忘れ物や遅刻をしないためにスケジュールの見直しを考えた方がいいかもしれません。

物事の優先順位を紙に書いて明確に決めることが出来れば、優先順位の低いことを後回しにするなど必要な時間を取ることも出来るのではないでしょうか。



焦った気持ちを落ち着ける

始める前は不安で凄く悩んでいたけど、やってみたらなんてことなかったと感じることがありますよね。

自分が直面した課題や問題が大きく感じられたとき、人は早く終わらせたいとか解放されて楽になりたいという気持ちが強くなりすぎてしまい、具体的な解決方法を考えたり行動の優先順位を決めたりする余裕をなくしてしまいます。

頭の中だけで考えて行動が伴っていないから不安がどんどん大きくなってしまい、とても自分1人では乗り越えないような問題に感じて「どこから手を付けたらいいのかわからない」「なにをしたらいいかわからない」というような気持ちになってしまう。

だから、焦って「どうしたらいいかわからない」というような状態になったときは、気持ちを落ち着けることから始めるといいと思うんだ。

焦った気持ちを落ち着けるために、深呼吸をしてみるのもいいでしょう。

職場など人に見られたくない状況の場合は、トイレに行くなどしてこっそりするもいいかもしれません。

深呼吸をして少し落ち着いて来たら、問題を細かく切り分けして簡単なところから始めることをイメージすると落ち着きやすくなると思います。

細かく切り分けした問題を紙に書き出していき、解決する問題の優先順位をつけて行動する。

いっぺんに全部を完璧にやろうとするとプレッシャーを感じて「自分には出来ない」と思ってしまいがちですが、問題を小さく切り分けられた状態なら「自分でも出来るかもしれない」と思えるようになるかもしれません。

例えば、大切なプレゼンがあって大きなプレッシャーを感じているときは、「プレゼン用の資料を作る」「資料のチェックをする」「プレゼンの進め方を決めて練習する」といったように細かく仕事を分けていき、優先順位を決めて一つ一つの仕事をこなしていけばいい。

自分が何をすればいいのかが明確になり問題解決の優先順位も決まっているのですから、後は行動するだけで一歩一歩解決していくことが出来ます。

料理でも切り分けて食べると食べやすくなるように、全体を見ているときは大きなプレッシャーに押しつぶされそうになっていた問題が小さく切り分けることによって解決しやすくなるんだよね。



おわりに

人生には「自分は皆より遅れている」「おいていかれるのでは…」というように、人と比べて自分が遅れていると感じて焦ってしまうことがありますよね。

それは、結婚だったり、就職だったりというような、人生の節目が「他の人より私は遅れている」と感じているときかもしれません。

けれど、仕事にしろ、人生の節目にしろ、それぞれの人に合ったペースというものがあるのだから、誰かと比べることに意味なんてないんだ。

私もそろそろ具体的に行動してみようと前向きに考えられるならいいのですが、人と比べて焦って決めてしまい「こんなはずじゃなかった」というように後悔するのは勿体ないよ。

「人は人」「私は私」と考えて、世間の流れに流されてしまうのではなく自分のペースで行動しよう。

あまり根を詰めずに、頃合いをみてひと休みするくらい落ち着いて出来たらいいですね。





ついつい焦ってしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

「自分のペースで生きてみよう(焦らないと上手くいく)」

仕事で焦ってしまい気持ちが空回りしてしまう人の解消方法

頑張り過ぎない自分になる方法



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口








ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?