みんなから好かれる必要はない(人に執着しない生き方)




「みんなから好かれる必要はない」こんなことを言うと、みんなに嫌われると学校・仕事・近所づきあいに支障が出るから無理だという人がいます。

ですが、みんなから好かれようとするのをやめる=みんなから嫌われるではないと思うのです。

自分の嫌いな人、自分のことを嫌っている人に無理に好かれようとして、相手に合わせてばかりの都合のいい人になっても関係が良くなるとは限りません。

かえって相手に都合のいい人として認識されてしまい、雑に扱われてしまったり、相手の感情に振り回されてしまうことだってあるでしょう。

だから、自分が嫌いな人がいるのと同じように、誰かに嫌われてしまうこともあるって知っておくのは大切なことだと思うんだ。

人に執着すると、相手の些細な表情の変化だったり、どんなことを言われただとか・こんなことをされたとか、ひとつひとつのことを過剰に気にしてしまい疲れてしまい生きづらくなってしまいます。

そうならないためにも、みんなから好かれなくてもいいっていう気持ちを持つことが、自分を生きやすくする一つの方法だと思うのです。



どんな人でも嫌う人はいる

どんなに良い人であっても、「周囲の人に媚を売っている」とやっかんで嫌う人だっています。

どんなに正しいことをしたと自分では思っていても、自分に落ち度がなかったとしても、自分を犠牲に頑張っていても、嫌いだという人だっているんですよ。

あなたに気の合う人や、合わない人がいるように、他の人にも相性というものがあって嫌われてしまうこともあるんですね。

それなのに、みんなに好かれようとしたり、人に嫌われないように人の頼みを断れなかったり、良い人に徹して自分を犠牲にしていたら、そりゃあクタクタに疲れてしまいますよね。

誰だって人に嫌われていい気持ちになんてなれませんから、人に嫌われたくないと思う気持ちはわかるけれど、そもそも誰にも嫌われないで生きるなんて無理な話なんだ。

だから、自分が一緒に居て楽しい人、安心できると思う人、自分らしく振舞っても嫌われない人を大切にすればいいんだよね。



嫌いな人は嫌いでもいい

学校・仕事・プライベートで嫌いな人でも仲良く付き合わないといけないなと思う場面もあるでしょう。

仕事ならお互いに協力しながら仕事をしないといけない場面もあるでしょうし、学校ならグループで行動しないといけないこともありますよね。

そのなかには「なんだか、この人合わないな」と思う人がいることもあるでしょうし、生理的に嫌悪感を感じる人がいることもあるかもしれません。

みんなと仲良くしようとする人は、この合わないなと思ったり不快に感じる人にも好かれようとするからストレスが溜まるんだよね。

嫌いな気持ちを我慢するのではなく「嫌いな人とは無理に付き合わない」「挨拶程度の浅い付き合いにしておこう」そんな風に思えば気持ちも楽になるのではないでしょうか?



 世の中にはいろんな人がいますから、合わないと感じる人もいるでしょうし、相手にそう思われることもあるでしょう。

誰からも好かれる人って、本当はどこにもいないんだよね。

いつも人に囲まれているような人気者だって、やっぱり人に妬まれたりして意図せず嫌われてしまうことだってあるんだ。

そうでありながら、「皆から好かれよう」「良い人になろう」とするのは自分で自分を苦しめてしまうことになるのではないでしょうか?

嫌いな人は嫌いでもいいんだ。



人に期待すると苦しくなる

僕達は、何かを人にしてあげることで見返りを求めてしまうことがありますよね。

人に優しくしてあげたり、親切にしてあげたりして、自分にも同じように優しくしてほしいと期待してしまったりする。

あるいは、誰かに認めてもらうために、結果にこだわり必死に努力している人もいるかもしれません。

誰だって自分を犠牲にして尽くしてあげれば、これだけやったんだから、これだけよくしてあげたんだからって思ってしまうのは自然なことなのかもしれません。

けれど、お返しするかどうかは相手が決める事ですから、期待した見返りがあるとは限りません。

相手は十分に心をつくしたお返しをしたつもりでも、受け取る自分は期待外れだったということもあります。

自分が相手によくしてあげたつもりでも、相手には迷惑だったということもあるでしょう。

人間関係は相手のいることですから、思いどおりにはなかなかいかないものですよね。

大事なのは見返りを期待する人間関係ではなく、見返り無しでもやってあげたいと思う範囲で、出来ることをやることだと思うのです。

例えば、道に迷ってた人に行き場所を教えてあげたとしても、それについて何か見返りを求めることはしないですよね。

おそらく10分もすれば、道を教えたことなんて忘れてしまうでしょう。

見返りを求めないで人に優しくしたり、親切にすることって案外身近にあるんですよね。

見返りを求めると、期待外れに終わったときに「これだけしたのに」と不満に思ってしまいます。

自分が不満に思わない範囲でやってあげることが、ストレスを溜めずに生きる一つの方法だと思うのです。



まとめ

みんなに好かれようとして相手に合わせても、みんなから好かれることはないんだよね。

どんなに気を使ったって嫌われてしまうこともあるのだから、そこにこだわっても疲れてしまうだけです。

あなたへの好き嫌いは相手の決めることで、自分でコントロール出来ることではないのだから、そこにこだわるのはやめましょう。

たとえ、誰かに嫌われたとしても「みんなから好かれる必要はない」ともっと気楽に考えても良いと思うのです。

自分が苦手だなと思ったり、嫌いだなと思った人は嫌いなままでいいんですよ。

「挨拶程度の付き合いにしておこう」など、無理に仲良くしようとせずに付き合い方を工夫しましょう。

人に期待し過ぎると、相手も自分も苦しくなります。

自分のやってあげたことに見返りを期待するのではなく、自分からやってあげたいと思う範囲にとどめておきましょう。




誰からも好かれようとしてしまう人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

執着心を手放す(不安や恐れの関係から自由な関係へ)

みんなに合わせることをやめていい(自分を活かす生き方)

人との心の距離感



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口








ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?