心の弱い自分が嫌いだという人へ

僕達は、 辛いことや嫌なことがあってもクヨクヨと悩むことなく、何でもない顔をして暮らすことが出来たらどんなにいいだろうと思うときがありますよね。

それは、誰もわかってくれないという孤独感だったり、仕事がで失敗ばかりして心苦しいということだったり、人間関係が上手くいかないなど、人それぞれに様々な理由があることでしょう。

進んで不快な気分になりたいという人はいないでしょうから、そんな気持ちにならずに済むのなら、それが一番いいのかもしれません。

けれども、人生のなかで自分のことを苦しめてしまう不快な思いや嫌な出来事にであうことがない人はいないでしょう。

だからでしょうか?

辛いことや嫌なことがあっても意に介すことなく耐えられる、心の強い自分になれたらいいのになって思ったりするんだよね。



心が強い弱いという概念

世の中には、心が強いとかメンタルが弱いとかいう概念がありますよね。

チョットしたことでは動じないような強い心の持ち主なら、辛いことや嫌なことがある現状でも、生きづらさから解放されると思っている人もいるかもしれません。

あるいは、メンタルが強くなったら辛いことでも音を上げることなく頑張れると思う人もいるでしょう。

けれど、自分の思うような心が強い人になれたとしても、あなたが辛いことに耐え忍ぶことには変わりないのではないでしょうか?


あなたは、自分のことを苦しめてしまうような辛いことや嫌なことにずっと耐えていたいですか?

そんな筈はないですよね?


大切な人をなくすようなショックなことがあっても、それを忘れられないのは心が弱いからでしょうか?

人に酷いことを言われて落ち込んでしまうのはメンタルが弱いからでしょうか?

頑張っても上手くいかないのは、努力が足りないから?

もしそうであるなら、その人は、心が弱いから結果が出ないのでしょうか?

大切な人を亡くしてしまえば悲しい気持ちになるのは当然のことですし、人に酷いことを言われたら落ち込んでしまうのは普通のことですし、頑張っても上手くいかない事だって人生にはあると思うんです。

そうでありながら、どんな辛いことでも我慢できるような強靭な心が欲しいと思うのは、自分で自分を苦しめてしまうことになるのではないでしょうか?

大切なのは、どんなことでも耐え忍ぶことが出来る心の強さではなく、自分の感情と上手に付き合って自分らしく生きることだと思うんだ。



あなたの心は強くなくてもいい

同じ状況になっても人によって感じ方は違うものです。

例えば、大切な人が亡くなったときには、その人への気持ちが強い人ほど悲しみは深いことでしょう。

けれど、あなたが深い悲しみに明け暮れるようなことがあっても、他の人も同じように感じるとは限りません。

「涙を見せるのは恥ずかしい」とか「いつまでも悲しんでいてはいけない」と言って怒る人もいるかもしれないけれど、悲しむことを自分に禁止したりしないで、悲しいときは悲しんでもいいと思うのです。

いつどのタイミングで悲しみから立ち直るかは、人によって違っていいんだ。


人に酷いことを言われたり、批判されることがあったらどんな人でも落ち込んでしまうものですよね。

「あなたは間違っている」「こんな酷いことをやっているんだ」と言われたら、そりゃあ誰だって嫌な気持ちにもなるでしょう。

だからといって、人に嫌われたくないと自分の行動を相手にばかりあわせていたら、ある人は良いというけれど、あの人はダメだと言うといった具合に、周囲の人の考えに振り回されてしまいます。

世の中に完璧な人間なんていませんから、相手の見方や考え方によって人の評価も変わってくるものです。

良いも悪いも相手の主観によるものでしかないのですから、誰からも好かれようとするのではなく、 「人は人、自分は自分」と割り切って考えることって大切なことなんですよ。

もちろん「なるほど」と思って反省することもあるかもしれませんが、相手の言ったことを真に受け過ぎて傷ついていては体がいくつあっても足りません。

「人は人、自分は自分」「そういう考え方もあるんだな」と考えて、自分らしく生きられる考え方を選ぼう。


物事が続かないから、自分は心が弱い人間なんだと思う人もいるでしょう。

けれど、嫌いなことや苦手なことを続けることを自分に強いるのは、自分で自分のことを苦しめてしまう結果となることもあるでしょう。

同じことをしていても、Aさんは楽しくできて、Bさんは辛くて仕方がないということもあるように、得意なことや苦手なことって人によって違うんだよね。

心が強いか弱いかで自分をジャッジすると、続かないという結果には悪い評価を自分に下すしかないかもしれません。

けれど、物事が続かないのが自分に苦手なことばかり強いていたと知れば、続けることが苦しいと感じるのは自然なことだと気付けるのではないでしょうか?

大切なのは、苦手なことばかり克服しようとするのではなく、得意なことを活かすこと。

そんなに完璧な自分を目指さなくてもいいんだ。



おわりに

世の中には完璧な人なんていませんから、粗を探せばいくらでもいたらないところの一つや二つは誰にでもあるものです。

そうでありながら、心の弱い自分を強くしないといけない思うと、「すぐに落ち込んでしまう」「我慢が出来ない」「ちゃんとしていない」と自分のダメなところばかりが気になって、「だから、私はダメなんだ」と自己否定に繋がりかねません。

誰だって自分で自分のことを「頑張れない自分が嫌い」「我慢できない自分が情けない」と最も身近な自分が自分のことを批判していては辛い気持ちになるばかりでしょう。

そうではなくて、もっと、自分の気持ちを汲み取り理解してあげようとすると良いと思うんだ。

親しい人の相談に乗ってあげるように、自分の気持ちを優しく受け入れてあげる。

どのような感情が湧いてきたとしても、良いとか悪いとかジャッジするような自分の評論家になるのではなく、理解して応援してくれる友達になってあげよう。

大丈夫

そんなに自分のことを、耐え忍ぶことができる強い人になろうとしなくてもいいんだ。




心の弱い自分が嫌なんだと思っている人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

自分が嫌いだという人へ|自分と仲直りしよう

嫌なことはやめてもいい

耐え忍ぶことが努力じゃない



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口