辛い毎日から自分を守る方法




社会で生きていくには様々な制約がありますから、人生は楽しいことばかりではありませんよね。

面白くないこと、つらいこと、悲しいことなど、本当に辛くて大変な思いをすることがあったりする。

あるいは、先が見えないことを不安に感じて嫌な気持ちで一杯になることもあるでしょう。

こういうときって、辛かったことを思い出したり、マイナスなことばかり考えて、何か悪いことが起こるんじゃないか、上手くいかないんじゃないかと考えて、長い時間マイナスの感情に気持ちが支配されてしまったりするんだよね。

けれど、過去に起きたことをクヨクヨ考えたり、どうなるかわからない将来のことを心配し過ぎて嫌な気持ちで毎日を過ごすしていては、「今」を十分に楽しむことができません。

誰にだって、誰だって辛いことがあれば嫌な気持ちになりますし、未来がどうなるかわからないと不安になれば、暗い気持ちになることもありますが、そんな時間を少しでも減らした方が楽しい時間も増えると思うのです。



過去に起きた辛いことも、将来に対する不安も、「今」の自分に解決できることでなくては、不安なままの時間を過ごさなくてはいけなくなります。

「もう、あんな辛い思いはしたくない…」「また、同じようなことになったらどうしよう?」考えても、嫌な気持ちになる時間が増えるだけなんだよね。

だから、自分の意識をマイナスの方向に持っていかれないように、「今」に集中して生活することって大切なことなんですよ。

目の前に起きていることに集中することが出来れば、嫌なことを考えずにすみますから気持ち穏やかに過ごせるんですね。

大切なのは、過去の辛いことや未来の不安に振り回されることではなく、今の自分に出来ることに集中することなんだ。



嫌な気持ちになる考えを止めようと思っても、自分の意志では思うようにいかないという人もいるでしょう。

「やめよう、やめよう」と思っても、知らず知らずのうちに嫌なことを考えてしまったりする。

そういうときは、無理に自分の意志で止めようとするのではなく、好きなことを考えると気持ちを切り替えやすいでしょう。

好きなもの、夢中になれることに集中すれば、嫌な考えを自然と終わらせることが出来ます。

好きなことを考えたり、実際にすることって、嫌な気持ちから自分を守るために、とても効果があることなんですね。



今を楽しむためには、今ある自分の幸せに目を向けることも大切です。

過去の辛いことや将来の不安にばかり目を向けていていては辛い気持ちになるばかりですが、今ある楽しみや、嬉しいこと、面白いことに目を向けてみたら、思っていたよりも自分の置かれた状況って、幸せなこともあるんだなと気付くこともあるんですよ。

こんな嫌なことがあった、こんな不安があると嫌な気持ちになることばかり考えていては、誰だって辛い気持ちになってしまいます。

そうではなくて、今を楽しむために、自分の置かれた状況で楽しいことがないか探してみよう。



好きなおかずは最後の楽しみにとっておくといった具合に、自分の楽しみを後回しにする人もいるかもしれません。

けれど、人生においては好きなことを後回しにしないほうが、幸せな人生を長く過ごせると思うのです。

これだけ頑張ったら自分にご褒美をあげようとか、これが終わったら自分のやりたいことをしようとするのは、頑張らなければ好きなことをしてはいけないということになってしまいます。

努力することは大切なことですが、自分のやりたいことや好きなことを我慢する理由にしなくてもいいんだよね。

楽しいことや、嬉しいことや、面白いと感じることを自分にしてあげると気持ちがどんどん元気になっていきます。

好きなことを頑張る餌にするために我慢しなくても、楽しいことや好きなことを自分にしてだけで自然と意欲が湧いてくるものなんだよね。

だから、自分の好きなことや、楽しいことや、興味があることを自分に積極的にやってあげよう。

頑張ってないからとか、私には楽しむ資格がないからとか、そんな気分じゃないからとか、余計なことを考えて後回しにしないで、自分が幸せになるために楽しい時間を過ごすことを意識しよう。




今を楽しめないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

役立つことより好きなことをしよう

嫌なことはやめてもいい

人生ゲームを楽しもう!そんなに真面目に生きなくてもいい



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口








ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?