辛い毎日から自分を守る方法

社会で生きていくには様々な制約がありますから、人生は楽しいことばかりではありませんよね。

面白くないこと、つらいこと、悲しいことなど、本当に毎日が辛くて大変な思いをすることがあったりする。

あるいは、先が見えないことを不安に感じて嫌な気持ちで一杯になることもあるでしょう。

こういうときって、過去の辛かったことを思い出したり、マイナスなことばかり考えて、何か悪いことが起こるんじゃないか、上手くいかないんじゃないかと考えて、長い時間マイナスの感情に気持ちが支配されてしまったりするんだよね。

けれど、過去に起きたことをクヨクヨ考えたり、どうなるかわからない将来のことを心配し過ぎて嫌な気持ちで毎日を過ごすしていては、「今」を十分に楽しむことができませんし、辛い気持ちに振り回されて毎日生きるのが辛くなってしまうでしょう。

誰だって辛いことがあれば嫌な気持ちになりますし、未来がどうなるかわからないと不安になれば暗い気持ちになるのもわかりますが、嫌な気持ちになる時間を少しでも減らした方が、辛い時間を減っていき楽しい時間も増えると思うのです。

辛い過去を思い出すより「今」に集中

過去に起きた辛いことも、将来に対する不安も、「今」の自分に解決できることでなくては、不安なままの時間を過ごさなくてはいけなくなります。

「もう、あんな辛い思いはしたくない…」「また、同じようなことになったらどうしよう?」と考えても、嫌な気持ちになる時間が増えるだけなんだよね。

だから、自分の意識をマイナスの方向に持っていかれないように、「今」に集中して生活することって大切なことなんですよ。

目の前に起きていることに集中することが出来れば、嫌なことを考えずにすみますから気持ち穏やかに過ごせるんですね。

大切なのは、過去の辛いことや未来の不安に振り回されることではなく、今の自分に出来ることに集中することなんだ。

どうしても嫌なことを考えてしまう場合

嫌な気持ちになる考えを止めようと思っても、自分の意志では思うようにいかないという人もいるでしょう。

「やめよう、やめよう」と思っても、知らず知らずのうちに嫌なことを考えてしまったりする。

そういうときは、無理に自分の意志で止めようとするのではなく、好きなことを考えると気持ちを切り替えやすいでしょう。

好きなもの、夢中になれることに集中すれば、嫌な考えを自然と終わらせることが出来ます。

好きなことを考えたり、実際にすることって、嫌な気持ちから自分を守るために、とても効果があることなんですね。

完璧主義は不幸な考え方

物事を完璧にこなそうとするのは不幸な考え方だと思うのです。

世の中には完璧な人なんていないのですから、アレもコレも完璧にこなそうとしては、どこかで行き詰まってしまいます。

物事をちゃんとしようとするのは悪い事ではないのですが、頑張りすぎて疲れ果ててしまっては元も子もありませんよね。

人間ひとりで出来ることには限りがあるのですから、完璧にこなそうとしないで出来る範囲で努力しよう。

人と比べない

あの人は〇〇なのに私は✖︎✖︎だと他人と比べるのは、自分のことがかわいそうに思えてしまう不幸な考え方です。

世の中には様々な人がいて、年齢も違えば性別が違う人もいますし、人柄が違えば能力が違う人もいます。

あなたと他人とはそれぞれ違う特徴を持っていますから、その中には羨ましいと思える特徴を持っている人もいることでしょう。

あなたが苦手と思っていることが、別のある人には簡単に出来てしまうところを見れば羨ましいと思うのは自然なことかもしれません。

けれども、それは他人の得意なことと自分の苦手なことを比べているわけですから、そもそも勝負にならないわけです。

あなたには、あなたの得意な事があるのだから、そこで勝負したらいい。

他人と比べて落ち込まなくてもいいんだ。

嫌な人嫌な場所から離れよう

嫌な人や嫌いな場所の近くへ何時迄もい続けては、辛い毎日にしかなりません。

あなたが我慢したからといって、状況が突然変わるなんて都合のいい事は稀ですから、「いつまで我慢し続けるんだろう?」と終わりの見えない我慢に辟易することになるかもしれません。

毎日を今よりもっといいものにしたいなら、嫌な人や嫌な場所から離れよう。

あなたが、どんな場所やどんな人を苦手にしているかを知っていれば、事前に回避することが出来る場合も多い筈です。

まずは、自分がどんな人が苦手で、どんな場所が苦手なのかを知ることからはじめてみよう。

今ある幸せに目を向ける

今を楽しむためには、今ある自分の幸せに目を向けることも大切です。

過去の辛いことや将来の不安にばかり目を向けていていては辛い気持ちになるばかりですが、今ある楽しみや、嬉しいこと、面白いことに目を向けてみたら、思っていたよりも自分の置かれた状況って、幸せなこともあるんだなと気付くこともあるんですよ。

こんな嫌なことがあった、こんな不安があると嫌な気持ちになることばかり考えていては、誰だって辛い気持ちになってしまいます。

そうではなくて、今を楽しむために、自分の置かれた状況で楽しいことがないか探してみよう。

自分の幸せを後回しにしない

好きなおかずは最後の楽しみにとっておくといった具合に、自分の楽しみを後回しにする人もいるかもしれません。

けれど、人生においては好きなことを後回しにしないほうが、幸せな人生を長く過ごせると思うのです。

これだけ頑張ったら自分にご褒美をあげようとか、これが終わったら自分のやりたいことをしようとするのは、頑張らなければ好きなことをしてはいけないということになってしまいます。

努力することは大切なことですが、自分のやりたいことや好きなことを我慢する理由にしなくてもいいんだよね。

楽しいことや、嬉しいことや、面白いと感じることを自分にしてあげると気持ちがどんどん元気になっていきます。

好きなことを頑張る餌にするために我慢しなくても、楽しいことや好きなことを自分にしてだけで自然と意欲が湧いてくるものなんだよね。

だから、自分の好きなことや、楽しいことや、興味があることを自分に積極的にやってあげよう。

頑張ってないからとか、私には楽しむ資格がないからとか、そんな気分じゃないからとか、余計なことを考えて後回しにしないで、自分が幸せになるために楽しい時間を過ごすことを意識しよう。

毎日生きるのが辛いという人へ

毎日生きるのが辛いという人は、辛くなるような状況から離れるのが苦手な人なのかもしれません。

辛いことがあっても、「逃げてはいけない」と自分を追い詰めるような完璧主義なところがあるのかもしれません。

誰だって毎日辛くなるような状況に居続ければ、辛い毎日になってしまうのは当然です。

あなたは、辛い気持ちで毎日を過ごしていたいですか?

そんなことないですよね?

辛い状況から離れようと意識するのは大切なこと。

辛い毎日から自分を守るためにも、自分が辛い気持ちになることは出来るだけしないようにしよう。

今を楽しめないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

ストレスを溜めない生き方

嫌なことはやめてもいい

嫌な気持ちに浸らない方法