何をやっても続かないという人が続けられる人になる方法

いろんなことに挑戦してみるけれども、なかなか続けることが出来ずに諦めてしまうことがありますよね。


ダイエットを始めても、成果が出る前にすぐに諦めてしまう。

自分の成長のために勉強を始めたはいいけど、途中で嫌になって諦めてしまう。

健康のためにランニング始めたけど、外出が億劫になってやめてしまう。

こんなふうに、始めたころは強いモチベーションがあるからやっていけたけど、徐々に気持ちが萎えてきて途中で諦めたりする。

すぐに諦めてしまっては思うような成果を出すことは難しいですから、すぐに投げ出してしまう自分が嫌になって、「何をやっても続かない」「我慢できない」と自分を責めてしまうこともあるでしょう。

あるいは、聞いてもいないのに周囲の人から「考え方が甘い」とか「やる気がない」とか「我慢が足りない」とか、余計なことをいろいろ言われてしまうことだってあるかもしれません。

そんな周囲の言葉に深く傷つき、ため息をつきながら、どうして自分は努力することや我慢が出来ないんだと思って、余計に自分を責めたりするんだよね。

けれど、自分が辛いと思っていることを「我慢」し続けるって、どんな人にも辛いことだと思うんです。

何かにチャレンジするのは楽しいことばかりでありませんが、我慢だけで乗り切ろうとしなくてもいいと思うんだよね。



自分に無理のないペースでやる

ただただ「辛い我慢」を続けて頑張ろうとしていたら、そりゃあ誰だって「またアレをやらなくちゃいけないのか」とうんざりした気持ちになりますよね。

それでもやらなきやいけないと自分に鞭うち頑張ろうとすれば、嫌なことを無理やり自分にやらせようとしているわけですから、「やる気が出ない」となって続けられなくなるのは自然なことです。

ダイエットでもなんでもそうですが、やってみようと思いたったときはやる気に満ち溢れているものですが、それ故に今の自分には到達不可能な目標を立ててしまったり、頑張り過ぎてしまっては目標に向かって努力を継続していくことが難しくなってしまします。

目標に向かって努力することは大切なことですが、無理を続けて継続できなくなっては本末転倒ですから、今の自分に出来ることを自分のペースで努力することって大事なことなんですね。

何かを続けようとするには、焦っていちどにやろうとせずに、簡単なことから自分が負担にならない程度でいいから、毎日やることを意識づけてやってみることが大切なんだ。



楽しいことなら続けられる

スマホをいじったり、テレビを見たり、日頃だらだらして過ごしている時間を使って努力したら、今頃凄い人間になってるんじゃないかなと思うことってありませんか?

スマホで自分の知りたい情報を追ったり、テレビでバラエティー番組や映画を見たり、ゲームをしたりするのって楽しいですよね。

その日あった嫌なことを忘れて夢中になれるから、気が付いたら遅い時間になっていたなんてこともあるでしょう。

家族に遅い時間だからやめなさいと言われても、ついついやってしまうという人もいるかもしれません。

僕達は、辛い努力を続けていくことは難しいけれど、楽しいことならいくらだって続けることが出来てしまうんですね。

逆に言ってしまえば、自分が継続したいと思っていることをいかに楽しめるかを考えることが、努力を継続するための1つの方法とも言えるかもしれません。


何をするにしても、ただただ我慢をするだけでは辛くなるだけです。

努力の取り組みをゲーム方式にしてみたり、自分がやっている努力の成果を逐一見れるようにするなど、努力を楽しめるようにする工夫をすると、嫌だけど頑張るから楽しいから頑張れるに変わります。

例えば、フジモフはダイエットでマイナス10キロの目標を立てて、達成することが出来たのですが、これができたのは、毎日計った体重をカレンダーに書いて成果を見えるようにしたことと、周りにダイエットしていると伝えて、すぐには止めにくい環境を作ったことでした。

黙ってやれば誰からも突かれずにすむのですが、カレンダーに書いて誰からも成果が見えるようにしたことにより、途中で投げ出しにくくなりましたし、 少しずつ成果が見えることによって、小さな成功体験を積み重ねていき「次はもっと頑張ろう」「もっと成果が出るようになりたい」と前向きに努力できるようになるんですね。


他にも、友達やパートナーと一緒に同じ趣味をするのも楽しくていいでしょうね。

健康のためにランニングを継続してできるようになりたい人は、一緒に走ってくれる友達がいれば楽しいでしょうし、習い事などでも教えあう人がいれば勉強もはかどるでしょう。

努力を続けるって辛いことばかりに感じる人もいるのでしょうが、本当は楽しむ方法っていっぱいあるんですね。

毎日の楽しみがあってリフレッシュできれば、明日も頑張ろうという気持ちになれるし、考えてもしょうがない「つまらないことを考える」時間も減るわけですから、楽しみながら努力することってメリットしかないかもしれません。

毎日楽しい時間を過ごすことは大切なことですから、「ついついやってしまう」「時間を忘れて夢中になる」ことをやったり、自分の為に楽しい努力を出来るように工夫してみよう。



習慣化することで継続できる

努力を続けるには、楽しむ工夫をすると共に習慣化することで継続しやすくなるでしょう。

歯を磨く、お風呂に入る、ご飯を食べるといった具合に、当たり前のように毎日やっていることは、たまに億劫だなと思うことはあっても、なんだかんだで続けられるものですよね。

こういうことを言うと「毎日続けないといけないのか…」と誤解する人がいますが、無理に毎日続けなくたっていいんです。

毎日5分やるでもいいし、週に一回やるでもいいから、自分に無理のないペースで習慣的にやっていくことが大事なんですね。

今日はやるけど明日はやらないかもしれないといった具合に、気ままにやり過ぎると、気が付いたらやらなくなっていたなんてことになりかねません。

1日5分だけ頑張ろうでもいいし、毎週土曜日に30分だけ頑張ろうでもいいんです。

自分がこれくらいならいいかなと思える範囲でチョットだけ頑張ってみよう。

努力して小さな成功体験を積み重ねるって楽しいこと。

もう、辛い努力をして「何をやっても続かない」なんて自分を責めてくてもいいんだ。





モチベーション維持に困っている人はこちらの記事も参考になるかもしれません。

勉強に疲れたと思っている人へ

めんどくさいからやりたくない!と思ったときの対処法

心が空っぽの自分を満たす方法





メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口