サイトテーマの変更をしました。

楽しいことがみつからないという人へ

日頃から楽しいことが何もないと感じる人は、見方によっては幸せな人生なのかもしれません。

なんだか退屈だなと感じることが出来るくらいに、心に余裕があるからです。

退屈であることって、そんなに悪いことじゃないんだよね。

とはいえ、人間って退屈なだけだと手持ち無沙汰になって刺激が欲しくなりますから、何か楽しいことがないかと思うのは自然なことかもしれません。

このまま漠然と日々が過ぎていくのも辛いし、どうしたらいいのだろうと思ったりする。

退屈しのぎに昔やっていた趣味を再開してみたけれど、以前のように楽しめなかったということもあるでしょう。

人間って良くも悪くもなれる生き物ですから、昔は楽しかったことでも再開してみると思っていたような感動がなくてガッカリすることもあるんだよね。

もっと感動できるものはないのか?

もっと夢中になれるものはないのか?

辛いもの好きな人が、もっと辛いものが欲しくなるように、刺激のあるものを探そうとする。

けれども、幸せや楽しいことってそんなに刺激的なものじゃないといけないのでしょうか?

当たり前にあることのように思えるから意識してないけど、刺激的じゃないくても幸せな気分になれるものや、楽しいことっていっぱいあると思うんですよ。

家族や友達との何気ない会話だったり、綺麗な景色を見ることだったり、特別なことじゃないけど、楽しく感じることっていっぱいあったりするんだよね。

何か美味しいものを食べたいなというときに、高級な料理じゃなくて、卵かけゴハンやカップラーメンが美味いと思うように、特別なものじゃなくても楽しいことってあるんだ。

大切なのは、今ある幸せや楽しいことを「あたりまえ」にせずに意識してみること。

楽しいことって、そんなにハードルを高くしなくてもいいんだ。