思い通りにならないときにやって欲しいこと

人生で思い通りにならないと悩んでいるときは、自分のことを励ましてあげてください。

辛い状況が続くときや上手くいかないときは、どうしたって自信を無くしてしまいがちです。

そんなときに、自分の味方になってあげて欲しいと思うのです。

僕たちは、上手くいかないときは、あれがいけなかったのか、これが良くなかったのかと、自分の粗探しをしがちです。

状況を良くしようと反省することは悪いことではありませんが、その反省時間がいつまでも続いていては、どんな人でも辛いと思うのです。

自信をなくして辛い状況のときに、他人からあそこがダメだった、ここが良くなかったと言われたら、どんな気持ちになりますか?

前向きな気持ちになるどころか、ますます自信をなくしたり、そこまで言わなくてもとその人のこと嫌いになることだってあるでしょう。

他人には思いとどまる言葉でも、自分自身には平気でずけずけと言えたりするものですが、罵る相手が他人であれ自分であれ、その言葉で傷ついたのなら言い過ぎなんだよ。

そのせいで、自信がなくなったり、自分が嫌いになったりしたんじゃあ、何のための反省かわからなくなります。

思い通りにならないときは、他人にアドバイスするように、励ましながら自分に出来ること考えたらいいんだ。

あなたは、自分に出来ることと言っても、それほど出来ることはないと思うかもしれません。

そういう人は、出来なきゃいけないと思っていることのハードルが高すぎるんです。

例えば、最初から失敗しないように考えたり、出来る人と比べて、あんな風に出来ないと思ったりするとかね。

けれど、いちども失敗しないで出来る人なんているでしょうか?

誰がやっても難易度が高いことを「やれなきゃいけない」と思っていたら、どんな人でもキツいと思うのです。

だから、自分のやることのハードルを下げることって大切なことなんですよ。

こんなことでと思える小さなことでも、成功体験を積み重ねていけば、それが自信になっていきます。

難しいことをすぐに出来るようにならなくても、自分に出来ることに集中していけば、やがて出来るようになるんだから、ハードルなんて、どんどん下げていけばいいんですよ。

例えば、1日10分くらい本を読んだとか、そんな些細なことでもいいんです。

焦らなくても大丈夫だから。

自分に出来ることを一歩一歩やっていこう。

思い通りにいかないという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

仕事で焦ってしまい空回りする人の解消方法

行き詰まりを感じたら人生の転換期がきた合図かもしれない

他人を変えようとすると苦しくなる

メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口