テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

大切な人と気持ちにすれ違いがある人へ

僕たちは、好きな人だからこそ許せないというときがありますよね。

事あるごとに小言を言われたり、話をちゃんと聞いてくれなかったりして、私のことを愛していないのかなと思ったりする。

私のことが好きなら、こんなことするはずがない!

そんなふうに考えて、イライラしたり、悲しくなることもあるでしょう。

どうでもいい人ならいざ知らず、大切な人だからこそ、やって欲しくないこと、やって欲しいことを相手に期待して、気持ちにすれ違いがおこるのかもしれません。

愛情表現は人それぞれ違う

僕たちは、愛情表現というと、みんなが自分と同じように考えていると思いがちです。

だからこそ、あえて言わなくても家族なんだから、恋人なんだから、わかってくれると期待する。

けれども、愛情の表現方法って人によって違うんだよ。

あえて厳しいことを言うことが、愛情表現だと思う人もいるし、大切な人が心配だから小言が多くなるということもあるでしょう。

言われる方は、たまったものじゃないから、なんで私がそこまで言われないといけないんだろうと、イライラしたり、悲しくなったりする。

次第に相手を避けたり、不機嫌に接するようになったりして、ますます相手とのすれ違いが大きくなるんだよね。

本当は愛されている

厳しい事を言うのが愛情表現だと思っている人からすると、避けられたり、不機嫌に接しられて悲しくなることもあるでしょう。

あれだけ言ってるのに、これだけ心配してるのに、どうしてわかってもらえないんだと…

フジモフ
フジモフ

愛情表現ってむずかしいよね

あなたのことを心配するのも、あなたに小言を言うのも、どちらも愛情表現。

自分が思ってるのとは違うけど、愛してるからこそやってることなんだよね。

だから、「ああ、これも不器用だけど愛情表現なのか…」と思えばいいんだよ。

嫌がらせと思えば許せないという気持ちになるけど、愛情表現だと知れば「なんだ、私はちゃんと愛されていたのか…」と違って見えるから。

自分の気持ちを伝えよう

愛情表現なんだから、我慢しろって言ってるわけじゃないよ。

嫌なら「私は、こう感じて辛いからやめて欲しい」と相手に伝えよう。

イライラしながら伝えても、こちらの真意は伝わりません。

気持ちが気持ちが落ち着いているときに、相手も穏やかなときに伝えてみよう。

それでも関係が変わらないなら、距離を置いたらいいんだよ。

嫌々に一緒にいても、お互いに傷つくだけなんだから。

おわりに

大切な人と気持ちにすれ違いがある人へ

あなたは、愛されています。

愛情表現が期待してるのとは違うだけで、とっても、とっても愛されているんです。

だから、そんなに思い悩まないで。

これも、愛情表現なんだと思ってみよう。