ちょっとしたことで心が傷ついたとき

嫌なことがあって、心が傷ついてしまうことってあるよね。

人に酷いことを言われたり、理不尽な目にあったり、他人からみたら些細なことかもしれないけど、嫌なことがあった本人は周囲が予想するより傷ついていることだってある。

どれだけ傷ついているかなんて、本人じゃなきゃわからないもんね。

だから、嫌なことがあったときは、誰かに慰めて貰うよりも先に、あなた自身が自分に優しくしてあげて欲しいなと思うのです。

あなたは、ちょっとしたことで心が傷ついたときに、誰かにやって欲しいことがありますか?

こんなことがあったんだと愚痴を聞いて欲しいかな?

思いっきり気持ちがスカッとすることを、一緒にして欲しいかな?

ゆっくりする時間が欲しいかな?

こういうことを誰かが一緒にしてくれたらいいけれど、相手も人間だから事情があって都合がつかないこともあるよね。

そんなときに、我慢ばかりしていたらストレスが溜まっていく一方だから、自分の気持ちを癒してあげたり、嫌な気持ちを吐き出す方法を持っておくことって大切なことなんですね。

あなたが傷ついているときにして欲しいことは、傷ついたあなたには必要なことだから、我慢しないで自分にやってあげよう。

休みが欲しいときは予定を変更してゆっくりする時間を作ってあげたり、慰めて欲しいときは辛かったねと慰めてあげる。

嫌なことがあったらときは、我慢なんてしなくていいんです。

あなたに出来る範囲で、自分の気持ちに寄り添ってあげたらいいんだ。