テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

できない自分を受け入れる ~そんなに自分に厳しくしなくていい~

自分のことを否定して責める人生は、とても辛い人生だと思うのです。

「こんな自分は嫌いだ」とか「何もできない自分が嫌いだ」とか考えて、自分で自分を責めてしまう。

自分のことを嫌っているわけですから、ダメだと思っているわけですから、そんな自分を認めたくないし受け入れたくないと思うのは自然なことなのかもしれません。

けれど、そんな自分のことを好きになれたり自分に自信を持てたら素敵なことだと思いませんか?

あなたは、自分のことをもっと好きになってもいいと思うんだ。

あなたが、自分のことを認めてあげられなくなったのは、そうなった理由があると思うのです。

一生懸命頑張ったのに誰も褒めてくれなし認めて貰えなかった。

他人に自分のことを否定的に言われて、自信を無くしてしまった。

目標に向かって全力で取り組んだけれど、目標を達成できなかった。

こんなふうに、全力で頑張ったけれど上手くいかなかったり、理不尽なことで自己否定されたら、「私はダメなんだ」「できない人間」なんだって思って自分を認めることが出来なくなるのは仕方がないことなのかもしれません。

けれど、自分の思うように完璧に物事を進めることは出来ないし、他人の価値観を真に受けなくてもいいと思うんだ。

確かに自分の粗捜しをすれば、そりゃあ自分のいたらないところの1つや2つはあるよ。

それをあげつらえて「私はダメだ」とか「何もできない」とか自分で自分を責めて嫌いになるなんて、あまりにも理不尽だし自分が可愛そうじゃないか。

あなたはこれまで生きていく中で、いろんなことを経験してきました。

嬉しいこともあったと思うし、悲しいこともあったと思うし、悔しいこともあったと思うし、楽しいこともあったと思う。

上手くいったこともあったし、全然ダメで落ち込んだこともあったでしょう。

ダメだったこともあったかもしれないけれど、そのときに出来ることをしたんじゃないですか?

いろんな制約がある中で、そのときのあなたにできるベストを尽くしたんじゃないでしょうか?

確かに完璧な結果じゃなかったかもしれない、期待したほどじゃなかったかもしれない、だけどそれでもいいんだよ。

過去に出来なかったことあったとしても、そのときのあなたの精一杯だったんだ。

だから、もう自分のことを責めることをやめて、自分のことを認めてあげようよ。

なにがあったとしても大丈夫だから、これまでの経験から学んで前を向いて進んでみよう。

きっと、次のチャンスがあなたに訪れるから心配しなくてもいいんだ。

僕達は、自分のダメなところばかりに注目してしまうと、自分の良いところに気づけなくなります。

嫌いな人の良いところをなかなか認めてあげられないように、自分の良いところも認めてあげられないんだよね。

「私なんてたしたことないから」「誰でもできるから」って頑なに認めようとしない。

そうではなくて、自分の良いところを認めて伸ばしていったらいいと思うんだ。

自分を責めることをやめて、自分を活かすことを考えてみよう。

あなたは、自分のことをもっと好きになってもいいと思うんだ。

自分のことを否定的に考えてしまうという人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

くよくよ悩んでしまう自分を直す方法

嫌なことはやめてもいい

自分を好きになることが幸せへの最初の一歩