心配しすぎて疲れてしまう自分を直したいという人へ




僕達は、物事をあれこれ心配してしまったり、クヨクヨと考えてしまうことが悪いことのように考えてしまいがちですよね。

周囲の人からは些細なことを気にしてしまう自分を「男らしくない」とか「気にし過ぎだ」と言われてしまうこともあるでしょう。

だからでしょうか、繊細で細かなところが気になる自分が悪いように感じて、ありのままの自分を肯定的に考えられずに生きづらいと思うことも多いかもしれません。

けれど、些細なことを心配したり、くよくよと考えてしまうのは本当に悪いことなのでしょうか?

小さなことが気になる自分を否定してでも直すべき悪癖なのでしょうか?



フジモフは、どんな事にもプラスの面とマイナスの面があり、物事は見方次第でプラスにもマイナスにも感じられるものだと思うのです。

そういう意味ではマイナス面ばかりをことさら気にして拒絶するのは、プラス面を受け取ることをも拒否しているという事になります。

だから、フジモフがブログでよく語るのは、物事のマイナスの面を無くそうとしたり直そうとしたりするのではなく、マイナスの面にもOKを出して受け入れようと言っているわけですね。

どんなことでも受け入れる「べき」というような「べき」思考で無理矢理受け入れる必要はありませんが、自己否定して心が苦しくなるくらいならプラスの面にも目を向けてみるといいのではないでしょうか?



小さなことが気になるということは、見方を変えれば小さなことにも気配りできる人ということです。

細かいことが気にならない人が見逃してしまうようなことでも気付いてあげることができるんだよね。

こうしてみると細かいことばかり気になる困った人というより、いろんなことに気遣い出来るしっかり者に見えてきませんか?

社会には絶対的に正しい生き方や考え方があるのではなく、多様な人がお互いに力を合わせながら生きていく必要があります。

社交的でおおらかな人だけではなく、内向的で心配事が多いけど色々な事に気づける人も社会には必要なんだよね。



いろんな心配事をクヨクヨ考えてしまうということは、自分の身に起こるリスクについてしっかり考えているともいえます。

心配してクヨクヨ考えるからこそ、どのように対処しようかと考えることにも繋がると思うのです。

けれど、頭の中だけで考えても現実は変わりませんから、具体的な行動にうつす必要があるんですね。

くよくよと考えて心が苦しくなるのは、あれこれ心配していることで問題が起こっているのではなくて、頭の中で考えるだけで終わらせているから苦しくなるんだ。

だから、あれこれ心配する自分を変えようとするのではなく、身に起こるリスクについてしっかり考えることができる才能と捉えて活かしてあげよう。



世の中には、何事にも前向きで社交的な性格の方が良いという傾向がありますよね。

それが故に内向的だったり心配事が多い自分のままでは生きづらく感じて、「前向きになろう」とか「社交的になろう」と考えてしまうかもしれません。

けれど、それでは自らの才能を放棄して苦手なことに挑戦し続ける人生になるのではないでしょうか?

そうではなくて、自分の得意なことを伸ばしていくことに注目したらいいと思うんだ。

マイナスの面ばかり注目していると「自分には何もない」と思ってしまうかもしれないけれど、プラス面に注目してみると思わぬ才能を見つけることができるかもしれませんよ。

だから、自分のことを否定的に考えたり他人の評価に右往左往するのではなく、プラスの面に目を向けて自分の得意なことを伸ばしていこう。






心配事が多いと感じる人は、こちらの記事も参考になるかもしれません。

一度の失敗経験を一般化すると勇気が持てなくなる

「他人の評価が気になる」「認められたい」をやめる方法

堂々と生きよう



メールカウンセリングをご希望の方はこちら

フジモフメールカウンセリング受付窓口









ABOUTこの記事をかいた人

1人では乗り越えられないと感じるような悩みでも、こんなことで人に相談してもいいのかなという悩みでも、悩みがあるときは1人で抱え込まずに、辛い悩みを解決する方法をフジモフと一緒に考えてみませんか?