テーマ変更後に過去記事の改行が反映されていない不具合を修正しました。

気持ちを受け止めて貰えないときの対処法

僕たちは、大切な人から気持ちを受け止めて貰えないと、なんだか悲しい気持ちになりますよね。

自分の気持ちを拒否されたように感じて、愛されていないように感じる。

時と場合によっては、怒りさえ湧いてくることもあるでしょう。

自分のことを、もっともわかっているだろう相手なのだから、きっと共感してくれるだろうと思っていたら、見事に期待を打ち砕かれてしまえば、そう感じるのは自然なことかもしれません。

私のことを、大切に思っていないんじゃないか?

大切に思っていないから、気持ちを受け止めてくれないのかも。

価値観があわない人だったのかな…

こんなふうに、ネガティブなことが頭をよぎり、相手に怒りさえ感じるようになってしまう。

赤の他人ならいざ知らず、大切に思っている人なのだから、なおさらそう思ってしまうものですよね。

けれど、気持ちを受け止めて貰えないということと、愛されていないということはイコールじゃないんです。

むしろ、愛されているからこそ真剣に向き合ってくれているんだよ。

なんとか助けになりたいと思って、自分の意見を言っているんだ。

あなたは、愛されていないんじゃない。

物凄く愛されているんです。

だから、そんなにガッカリしなくてもいいんだよ。

私って愛されているんだな〜って思えばいいんだ。

そう思うと、どうでしょう?

そんなに相手にイライラしなくてもいいし、問題なんてなかったんだと思えませんか?

あなたは、相手の意見が欲しいんじゃなくて、気持ちを受け止めて欲しいんですよね?

だったら、その気持ちを素直に相手言ってみましょう。

ちょっと照れ臭いかもしれないけれど、私の話に共感して欲しいと相手に伝えるんだ。

自分の気持ちを受け止めて貰えれば気持ちもスッと楽になるし、人の意見も聞いてみようとする余裕もうまれてきます。

何かを変える必要があると思うかもしれませんし、話を聞いてもらっているうちに自己解決するかもしれません。

大事なのは、あなたがどうして欲しいのかを相手に理解してもらうこと。

中途半端に我慢して相手にイライラしないで、自分の素直な気持ちを伝えてみよう。

相手も人間だから、話を聞いてあげる余裕がないときもあるかもしれないけれど、そのときは別の日にすればいいんだから、焦らないことだよ。

あなたも好きだから、大切な人だと思っているんでしょ?

好きだからこそ、受け止めて貰えないのが悲しかったり、イライラする気持ちになったんだ。

だから、楽しみを後にすると思って、時がくるのを待ってみよう。

大丈夫。

本当は愛されているのに、気持ちを受け止めて貰えないって誤解しただけなんだから。

なんの問題もないんだ。